ヤーマン2号先生イカでも分かるロータリー講座  トップページへ


講師ヤーマンおーいばり2号  生徒イカくん


  §初級編§                                  中級編へ

ヤーマン2号先生、ロータリーってなんですか?

うん?なんだそんなことも知らんのか、よく勉強してから又来たまえ。

はーい、わかりました…って!違うでしょ!その勉強をしに来てるんですよ!

お・お、それならそーと早く言い給え。なかなか感心なイカじゃ。刺身にしたらさぞ旨かろう。

そらもう…じゃ無くてぇ! ロータリーエンジンに付いての講義をして下さい!!(はあ・はぁ…茹でイカになりそう)

ゴホン。ま、そうじゃなここで漫才をしていてもギャラは出んしな。…

それじゃ、まずイカくん。普通、エンジンと呼ばれる物には何があるか知っておるかな。

それぐらいは、知ってますよ。ガソリンエンジン・ディーゼルエンジン・ジェットエンジン・波動エンジン…。

出ると思っとたが、臆面も無く出しおったな。まあ良い、 とりあえずロータリーエンジンはそのガソリンエンジンの一種じゃよ。

じゃが、通常ガソリンエンジンのことはレシプロエンジンを指しておる。何故か解るかな?

え?同じガソリンエンジンなのに呼び方が違うんですか?何か違いがあるんですか?

うむ。レシプロとロータリーはその出力の取り出し方に違いがあり、圧倒的に前者の方が数が多いのじゃ。

え?しゅ・しゅくだいのだしかた?

イカくんの頭はロータリーと言うより、ノータリンじゃなぁ。

宿題じゃなくて、出力の取り出し方。つまり内部の爆発エネルギーをどうやって、物を動かす力に変えるかが、カギなんじゃよ。ここでは早い話が、車を動かす力の取り出し方じゃ。

(ちょっち、ムカ)ふん、どこがそんなに違うんですかね?

ピストン運動と回転運動の違いじゃよ。

……まぁ……(ポッ)

何を考えたか大体解るが、ほっといて先に進むぞい。

レシプロが、上下のピストン運動をクランクシャフトによって、回転軸で出力しているのに対して、ロータリーはローターハウジング(ローターの入っている部屋)内をローターが元々回転しているのじゃ。

え?じゃあ、ロータリーの方が効率がいいじゃん。なんでレシプロの方が普及してるんですか?

それには、日本海溝よりもふか〜い訳があるのじゃ。ここからはちと長くなるぞ。

日本海溝って、そういや、ダイオウおじさん元気かな?(注・ダイオウイカ)

お主の親戚のことは今は、関係ないわい。そもそもロータリーエンジンのアイディア自体は、相当古く、16世紀には、既に色々な回転機関の構想が有ったといわれておる。まさしく夢のエンジンと言われた所以じゃな。

 16世紀?…500年も前から有ったんですか? おじさん達が海の悪魔とか怪物とか呼ばれていた頃ですね。

 まあな、実際船を襲ったりする事は無かっただろうが、当時の船乗りとっては海はまだまだ未知の世界じゃったからな。

 当たり前です。クジラと戦うことは有っても、船を襲ったりしませんよ。無知は恐いなぁ。

その無知を克服するために、人間は努力をしているのじゃ。未知なるものへの挑戦もその一つじゃ。ロータリーエンジン実用化の道のりもその挑戦の連続じゃった。

 オーバーだなぁ。でも、そんな前に考えられていたんなら、すぐ出来たんじゃ無いんですか。

 まったく、お主の頭は直管マフラーか?そんなに簡単じゃったら誰も苦労はせん。実際ロータリーが実用化されたのは20世紀後半になってから。かのバンケル博士が繭型のローターハウジングが、ロータリーエンジンに有効だと発見してからじゃ。

へ?繭型?真ん丸じゃないんですか?だって、ロータリーはローターが回転するだけでしょ。

電気モーターならそれでも良いが、内燃機関としてはそうは簡単にいかんのじゃよ。ガソリンエンジンの動作行程は、何と何か述べてみい。

友情・努力・勝利!

そりゃ少年ジャ○プじゃろ! 吸気・圧縮・爆発・排気の4つのプロセスの事じゃ。ガソリンエンジンと言ったが、基本的にはディーゼルエンジンもこの行程を繰り返す事によって、作動し続けるのじゃ。ロータリーも然りじゃ。

でもハウジングが真ん丸でも、気化したガソリンを吹き込んで、火を付けりゃ爆発ぐらいしますよ。去年の冬、ストーブに間違えてガソリン入れちゃって、エライ目に会いましたもん。もう少しで、焼きイカでしたよ。

よく生きておったな…。まあお主を焼きイカにするにはそれでも良いが、エンジンとしては爆発してハイ終わりじゃ困るんじゃ。色々仕事をしてもらわねばならんからの。

そうですよね。ガソリンで焼くと臭くなっちゃいますもんね。やっぱり炭火が一番かと。

…そんなに焼きイカになりたいのか?この講義が終わったらテキヤのオヤジを紹介してやるから、ちと黙っとれ。

この4つの行程で大事なのは圧縮と排気じゃ。丸いハウジングに三角形のローターでは、よしんば吸気と爆発が出来ても、この2行程が出来ないから連続して作動し続けることは出来ん。何せこの方式じゃと、ハウジング内の燃焼室の、空間部分の容積は常に一定の大きさで、圧縮もへちまも無いからのう。そこでローターの回転軸を偏芯させて楕円の軌道で回る、繭型のハウジングが考えられたのじゃ。これだとローターの三つの頂点が常にハウジング内に触れながら回転でき、しかもハウジングの燃焼容積の大きさが常に変わるから、圧縮・膨張させることが出来るようになった。これで理論上はロータリーエンジンの実用化に目処が立ったのじゃ。

おおすごいぞ。繭型ハウジング!

因みに、この楕円形のローターの動きをトコロイド曲線と言うのじゃ。

おおすごいぞ。トコロテン競走…。ぼくは黒蜜掛けなら20杯はいきます。

ばかもん!通なら酢醤油じゃろ。わしの若い頃なら50杯は…(ゴホン)

と・とりあえずこうして理論的には完成したロータリーエンジンじゃが、実用化となるとまだまだ一山も二山も有ったのじゃ。

バンケル博士は、理論を研究しただけなんですか?

いや、1957年西ドイツのNSUという元々はオートバイを作る会社と共同で、試作機1号を完成させた。これが歴史上初めて回ったロータリーエンジンだと言って良い。それ故、ロータリーエンジンの事をバンケルエンジン、又はバンケルロータリーエンジンと呼ぶのじゃ。じゃがそれは、ローターが回るのではなく、ローターハウジング側が回るという複雑な機械じゃった。

そりゃ又、複雑怪奇なエンジンですね。染之助・染太郎じゃ無いんだから、回しゃぁ良いってもんじゃないですよね。

お主も海老が好物じゃからと海老一兄弟を無理やり引っ張り出すことは無いじゃろ。…

当然これでは実用化はできん。2号機でようやっと現在のロータリーエンジンの元になる、KKM型1ロータリーエンジンが完成したのじゃ。時に1958年のことじゃった。しかし、周囲の研究者からはまだ実験機レベルであって、実用化は無理だという声が上がっておった。そこでNSUは大バクチに打って出た!遂に夢のエンジンが完成したと、世界中の名だたる機械メーカーや自動車メーカーに発表、共同開発の提携社を募ったのじゃ。

なんで、それが大バクチなんですか?良いコトじゃないですか。新技術を独占せずに公開するなんて。

確かに、新しい技術を独り占めせずに公開するのは、勇気のいることじゃ。せっかくの先行投資がヘタをすると無駄になってしまい兼ねないからの。じゃがその反面、1社独占で開発するよりも、多くの会社が参加する事によって、その開発は加速度的に進み、結果、世界中に普及する可能性もあるわけじゃ。ビデオデッキのベーターとVHSのシェァ争いが良い例じゃな。

じゃが、この提携の申し出には裏があった。

うら? ウラー・ウーラー・ベッカンコ〜♪♪

…お主ひょっとして、もう飽きたのか?

あ、いやちょっと堅い話になりそうなんで、緊張をほぐそうと思いまして。

まったく、いらんことを。お主はもうちょっと緊張感を持った方が良いぞ。ただでさえグニャグニャなんじゃから。

そりゃ、イカですから。

イカだからなんじゃ。お主はイカで有ることにそのまま甘んじていて良いのか?イカでも骨の有るところを見せようとは思わんのか?いや。イカだからこそ骨の1本や2本身体に通そうとは思わんのか?そんな事では、ロータリー技術者の爪の垢でも煎じて飲ませたいものじゃ。

あわわ、どうもすみません(--;。…で、裏ってなんです?裏って。

おう、そうじゃった。1961年その呼びかけに応えて、ベンツやGM、フォードといった世界中のメーカーからオファーが来た。コンパクトで高出力。夢のエンジンに惹かれて、多くのエンジニア達がその開発に名乗りをあげた。じゃがNSUはそのエンジンには致命的な欠陥を抱えていることを、隠しておった。この技術提携はその欠陥の克服の為に、多くの知恵を借りる為だったと言っても過言ではなかったのじゃ。

なんですか、致命的な欠陥って?

“悪魔の爪痕”チャターマークじゃ!

あ、知ってます。昔ジャイアント馬場や猪木と戦った人でしょ。“あいあんくろー”とか言いませんでした?

そりゃ、フリッツフォン・エリックというレスラーが使とった、“鉄の爪”と言う必殺技じゃ。必殺技と言っても、手で相手のこめかみや腹部を鷲掴みするだけなんじゃが、なにせ握力が130kg以上あったと言われ一瞬でリンゴがアップルジュースになったと言うから、やられた方は堪らんぞ、実際直に痛みが伝わってくる技としては、ピカ一じゃったな。

 じゃ、そのエリックさんが何か悪さをしたとか?

 じゃ〜から、“鉄の爪”じゃなくて“悪魔の爪痕”!!…ロータリーファンにとっては古典的なボケをカマしおって。

良いか、ロータリーエンジンは繭型のハウジングの内側を常にローターの3つの頂点が、密着しながらもうれつな勢いで回るわけじゃ。その際徐々にその内壁が摩耗して行き、無数の傷が出来る。その結果エンジンは回らなくなり壊れてしまうのじゃ。別にエリックがその爪で引っ掻いている訳じゃ無いわい。

うわー確かに、それじゃ困りますね。大体どのくらいでそうなっちゃたんですか?

おおよそ、5.000kmから10.000km程だと言われておる。

ダメじゃん。

その為に、NSUでは鳴り物入りで発売した、世界最初の1ローターリー車NSUスパイダーには10.000kmでエンジンを交換するというサービスまでしていたのじゃ。

ダメダメじゃん。

やかましいわい!まったく最近の若いイカは、すぐ思い通りにならんとキレて投げおる。ダメかどうかは最後までやってみんと判らんのじゃぞ。お主のご先祖さまを思い出して見ろ。軟体動物のくせに魚より速く泳ごうとして、紆余曲折の努力をしてくれたお陰でいまのお主らがあるのじゃないか。それを、ご先祖様がお主の様に初めから諦めていたら、お主達はいまだに暗い海底を這いつくばっておったのかも知れんのじゃぞ。解っておるのかそこんところ!!

大体お主はイカで有ることにそのまま甘んじていて良いのか?イカでも骨の有るところを見せようとは思わんのか?いや。イカだからこそ…(中略)…、ロータリー技術者の爪の垢でも煎じて飲ませたいものじゃ。

あわわ・わ!!先生解りましたから、カンベンして下さい。(耳にタコじゃなくイカが出来ちゃうよ)

ごほ・ごほ…ちょ、ちょっと興奮してしもうたわい。気をつけてくれ、わしはこう見えても心臓が悪いんじゃ。

先生の心臓も取り替えてもらいます?

…。お主の単位。今年も無しじゃな。

………(絶句)………。

この“悪魔の爪痕”の他にも、吸気と排気のオーバーラップ問題や、オイルの燃焼問題、低速トルクの不足等「完成」とは名ばかりでロータリーの前途には数多くの難問題がまだ残っていたのじゃ。そうして最初は乗り気だった各メーカーも徐々にロータリーの実用化に疑問を持ち始めた。しまいには某大学の研究室では、「ロータリーエンジンは実用化しない研究」まで始める始末じゃった。

うわっ!ロータリー同盟絶対絶命。

ところが、そこに救世主が現れた。東洋の島国のちっぽけな新興自動車メーカー。その名を「東洋工業」と言った。

え?聞いたことのない名前ですけど。

たわけ!これこそ今や世界広しと言えども、唯一無二の乗用車用ロータリーエンジンを有する、現「マツダ」のことじゃ。

ええ!ベンツやGMといった大メーカーはどうしたんですか?

撤退しおった。

て・撤退ですか?

そうじゃ、旧帝国陸海軍風に言えば転進じゃな。ベンツやGMばかりじゃ無い、NSUと提携していた100社を越えるメーカーは悉くロータリーから手をひきおった。もっともそれは、技術的な問題ばかりじゃ無かったがのう…。日本の日産なぞも市販直前までこぎ着けておった。

え?と言うと、ロータリーは実用化されたんですか?

勿論じゃ。1967年この東洋工業から1台のスポーツカーが発売された。これが世界初の量産2ロータリーエンジン10A型を搭載した、コスモスポーツじゃ。本家NSUでも解決出来なっかたチャターマークを始め、多くの問題点をクリアーして、開発されたこのエンジンは30万Kmの耐久テストをもこなし、遂にロータリーエンジン車の歴史を開いたのじゃ!

へぇー。すごいじゃないですか。コスモえらい!…じゃぁなんで、他のメーカーは撤退したんですか?まさか東洋工業が開発した技術を出し惜しみをしたとか?

ぶぁっかっもん!!。本当にお主の頭は竹ヤリマフラーじゃな。うるさいだけで何の役にも立たんのか?

NSUと東洋工業は開発した技術は全てNSUに開示せねば成らん契約を結んでおった。勿論他のメーカーも基本特許をもつNSUに莫大なライセンス料を払って、この開発を行っておったのじゃ。所謂この特許ファミリーに名を連ねている以上、出し惜しみも何も出来ないのじゃ。

転進…もとい撤退の理由はもっと別の所にあったのじゃが、そりゃまた後で講義してやる。

それどころか東洋工業は苦労して開発販売しても、その実績に応じたロイヤルティを支払わねばならんかったのじゃぞ。

うわ!なんかどっかのボッタクリ・バーですね。

うむ、しかも各社の市場を荒らさない様に、販売地域まで決められていたのじゃ。

まるで、明治時代の日本と外国の条約見たいですね。

そうじゃ、いわゆる不平等条約そのものじゃった。しかし悲しいかな、皆この契約を飲まざるを得なかったのじゃ。

なんでまた…。ぼくならちゃぶ台ひっくり返して席を立ちますけどね(怒)!

ドイツにちゃぶ台は無いわい。ま・それほど当時としてはこのエンジンは魅力的に映っておったんじゃろ。尤も、東洋工業にはそれ以外にもせっぱ詰まった事情があったのじゃがな。

わかります。料金未納で携帯電話が不通になった!これはあせります。マジで!

……頼むからお主の私生活を、この講義に持ち込まんでくれんか。ただでさえ、ややこしい所なんじゃからな。やる気が無いなら帰っても良いんじゃぞ。

ヤルッツェン・ブラッキン!(やるっき・あるって!)

…ほぉぉ・そうかそうか。それ程やる気が有るなら、ちょっと前にきてみそ。

え”…。

前に来てみそ。(ニコニコ)

……え・えーと。ここらへんでいいすか?

うむ。悪いがちと講義の手伝いをしてもらいたくてな。このクリップを頭に付けてくれんかな。

へ?な、なんですかこれ?

いやぁ、みんなも講義を聴くだけじゃ退屈らしいからのう。ロータリーのトコロイド曲線とはどういうものか絵を見せようと思うのじゃ。なーにちとビリッと来るだけじゃ。心配無いわい(多分)。

うんじゃいくぞい。スイッチおん!(あ〜らほれさっさ・ポチっとな)

のおお”〜…

(ヴィーン…)

【注・イカの皮は、液晶の材料に使われています。】

どうじゃ、皆なよく解ったかな?

か、カンベンして下さい。ぼくの頭は液晶パネルじゃないんですから!!

なんじゃ。今や世界の科学文化はお主たちに懸かってるのじゃぞ、こんな便利な特性をイカさんでどうする?美味い焼きイカやイカ刺しになるだけじゃ、ご両親に申し訳があるまい。

液晶パネルにだって成りたかないです。(ゼイゼイ…)

それより、東洋工業のせっぱ詰まった理由ってなんですか?

おお、良く憶えておったのう。感心・感心。

実は、東洋工業は元々東洋コルク工業と言って、自動車産業とは無縁の会社じゃったんじゃよ。それを事業拡大に伴いオート三輪車の製造販売を手がけるようになり、昭和35年に軽自動車のR360クーペの版売で本格的に乗用車メーカーとして業界に参入した、まぁ自動車産業界からしてみれば、新参者だったわけじゃな。

じゃあ、シェア争いも大変だったでしょうね。

そればかりじゃ無い。当時日本の政府は自動車産業を日本の基幹産業とすべく、外国企業に負けない競争力を着けさせ様として業界の再編成つまり吸収合併を押し進めようとしたのじゃ。

げっ!東洋工業ピーンチじゃん。

そこで、当時の社長:松田恒次は独自の技術を持たねば、この再編成に飲み込まれると思っていた矢先、件のロータリーエンジン開発成功の報に触れたのじゃ!そしてあらゆるつてを使って、そのエンジンを実際に視察して、このエンジンの素晴らしい性能に賭けようと決心した訳じゃ。

まぁ、なんて直管マフラーなひと…。

そりゃお主のことじゃ!しかし、NSUには既に世界中から100を越える提携のオファーが殺到し、日本からもトヨタを始め、30を越える問い合わせが来とったのじゃ。案の定、東洋工業からの申し出は当初、無視されたという。新興の名も知らぬ企業なぞ眼中になかったのじゃろう。

ぐわー。ムカツク。

じゃが、松田社長は諦めなかった。時の総理大臣に直談判までしてライセンスのお墨付きをもらい遂に、NSUの幹部を説得して、契約にこぎ着けたのじゃ。しかしその結果があの不平等極まりない条件じゃったわけじゃ。

しかし、それは飲むしか無かったんですね。

そうじゃ、だがこれで東洋工業はロータリーの開発に取りかかる事が出来、社内には社長直々に研究部を作り上げて、その部長にかの山本を置いたのじゃ、この山本の元にロータリーの開発に命を賭ける男達が集まった。世に言うロータリー四十七士じゃ。

山本さん?お隣の?

 

  ←:馬鹿者このお方の事じゃ。ロータリーファンにとっては正に神様と呼べるお方じゃぞ!

 

 

 

 山本 健一RE研究部長(当時)

このお方と46人の技術者達の、苦闘なくしては今のロータリーの歴史は無かったも同然じゃった。

♪かぜのなかの すばる〜♪

止まるエンジン。吹き上がる白煙。試作エンジンはカチカチ山と呼ばれた。

♪かぜのなかの すばる〜♪♪

現れた悪魔の爪“チャターマーク”。あらゆる方法を試しても、その悪魔は現れた。…その時ある新聞記事に目が止まった。

♪かぜのなかの すばる〜♪♪…。

やかましいわい!その先は知らんのか!?。

いや、これ以上歌うとJASRCがうるさいもんで。

だー!もう、変な所だけ世間ずれしおって。

とにかく、その三銃士のお陰で、悪魔は退治できた訳ですね。

四十七士じゃ。それにそんな言い方をすると、まるでゲームか映画の話じゃないか。彼らに失礼とは思わんのか、まったく。

スイマセン。じゃ、どうやって克服したんですか?

当時新幹線のパンタグラフに採用された、カーボン材に目を付けたのじゃ。カーボンには適度な潤滑性があり、これがローターハウジング内を摩耗せず、なおかつ気密を保てるアペックスシールに最適じゃったのじゃ。しかしその反面脆いという欠点も持っておった。そこで彼らはアルミを浸透させた高強度カーボン素材の開発をメーカーと行い、これを完成。見事“悪魔の爪痕”を退治することができたのじゃ。

おお!素晴らしい!えらいぞカーボン・アルミ素材。

この他、彼らは次々と新技術を開発し、他のロータリー開発会社を後目に、遂に市販2ロータリー車を販売。その後も着々とロータリー搭載車を増やしていき、あのNSUとの契約も改善する事に成功したのじゃ。なにせ、市場の調整と言っても、当時市販化できたのは東洋工業だけじゃったからのう。

東洋の島国のちっぽけな新興メーカーが、ベンツやGMを出し抜いた訳ですね。

うむ、世界中でこのコンパクトで高出力なエンジンを積んだ車は、反響を呼び販売も順調に伸びて行った。当然後のメーカーも市販化を進め、ロータリーがレシプロと肩を並べる時が来たかに思えた時、忌まわしい出来事が起こり、結局他のメーカーはロータリー開発を断念していったのじゃ。

え”〜。なんですかその忌まわしい出来事って。

 

キーンコーン・カーンコーン

おお、ちょうど良い。時間じゃ、この後は次回の講義でやろう。題して“ロータリー疾風怒濤編“じゃ。それまでレポートを4.000枚書いておくのじゃぞ!では、アディオース・アミーゴ

でえぇぇ(T_T)ッ…


 

トップページへ       中級編へ



ご意見・ご感想はこちらまで

@nifty ID:YQR01111