ヤーマン2号先生イカでも分かるロータリー講座  トップページへ


  §中級編§ 「疾風どとー編」                   初級編へ

            (←やかましい方は音を止めましょう)

 ♪五つの力が一つになぁってェ〜。とどろきわたぁ〜る、正義の爆音〜。

 …

 ♪ふたつと、みぃいつの〜お・む・す・び回る。♪

 …あ〜、イカくんや…。

 ♪ねんぴを〜おそれぬぅ、そのぱわぁ〜♪

 …こりゃ、こりゃ、…イカくんてばっ…

 ♪頂戴、頂戴、ぼ・く・ら・に〜、ガ〜ソリンどぅわ〜い♪

 ♪げきそう、ぶぁくそう〜、宇宙のはぁてぇまでぇ〜♪

 ♪マツダ戦隊!♪♪マツダ戦隊!♪

 ♪ろ〜たぁりぃーーーふぅあいぶっ!!♪

 

 

 ……f(-_-)…

 …って、何を歌わすんじゃ!バカモノ!!

なにって?いやだな、先生も乗ってたじゃないですか、『超走!マツダ戦隊 ロータリー5』の主題歌。

知らんわい、そんな子供番組!!。

 え〜、今やこの手の特撮物は、イケメン俳優のおかげで若い奥様達に大人気なんですよ。バカにできませんよ。

特にこの「ロータリー5」は、マツダのレアなマシンが毎週見られるんで、カーマニアも大絶賛。これを、知らなきゃマツダファンじゃ無いですってば。

 こりゃこりゃ、またいい加減な事を言うな。読んだ人が本気にしたらどうするつもりじゃ。

 ……うそですからね……(-_-)…。

 うん?誰の声じゃ?

それより、講義はとっくに始まっとるんじゃ。さっさと席に着かんか!

 毎週日曜朝、7時8分7秒から、広島TVにて絶賛放映中(ボソッ)

 ……うそですってば……(-_-:)…

 さて、いよいよ講義も第二部の『疾風どとー編』じゃ。今回はようやく実用化されたREが辿る、山有り谷有りの歴史についてじゃ。

が、その前に前回の講義で課題に出したレポート4,000枚は出来ておるのかな?

 …どき(汗;)…。で、出来てますよ。

 ほぉー感心、感心。

いつもは、バカばっかりやっておるようじゃが、やる事はやるんじゃな。どれどれ…。

 

 ……(-_-)…。

 『わ』 『た』 『し』 『は』 『こ』…って、なんじゃこりゃー?

おかしいと思ったら、1ページに1文字しか書いとらんじゃ無いか!なんつーインチキなことをするんじゃ!! 大体読みにくくてしょうが無いわい!!

 インチキなんて、滅相も無い。ぼくは、先生が読みやすいと思ってやったんです。 ほら、この端っこをしっかり持ってですね。こうやって、めくれば…。

 …おお、「わ・た・し・は・こ・の・こ・う・ぎ…」これは便利じゃ…

って、おい!パラパラマンガかい!!

 ドーデース。グッジョッブ、デショ。

 (何故に外人?)

結局は4,000ページ×1文字で4,000文字。原稿用紙10枚分しか、無いじゃないか。

 長けりゃ、良いってもんじゃ無いですバイ。大事なのはイカに要点をまとめて、分かり易く書くかですバイ。

 (何故に「男お○どん」?)

言い切りおったな…こやつ。

 それが解っていないと、どっかの女流作家のように、新聞小説を連載途中で終わらせるハメになるんでゲス。

 (何故に…)もーええわい!

おぬしそんなことばかり言っておると、ワシャ知らんぞ。月夜の海底ばかりじゃ、ないんじゃからな。

 ドキッ…。

や、やばいですか?もしかしたら、どこぞのサイトの様に強制的に閉鎖させられるとか?

 そういうことも、無いとは言えん。

 脅かさないで下さいよ〜。この民主主義社会でそんな、理不尽なことがしょっちゅう有るわけ無いじゃ無いですか。(汗)

 甘い、あまい、甘いずぉーイカくん。和三盆の百倍くらい、考えが甘いぞい。

 え”…。マジっすか?

 マジもまじも、大マジじゃい。現に、REはその理不尽な勢力にさらされ続けておるのじゃ。

 『理不尽な勢力』って、不気味です〜。な、なんですか正体は判っているんですか?

 もちろんじゃ。その正体は、「風評」と「既成概念」…つまり、思い込みじゃな。

 (ガクッ)…な、なんですぅ?それ。

要は、広まった「噂話」ってことですか?

 なに、あきれた顔をしとるんじゃ。バカにできんもんなんじゃぞ。

「風評」を流して、広く社会に信じさせ、人々の頭に「既成概念」として植え付ける。一度植え付けられた「既成概念」はなかなか是正される事は無い。権力者達が自分の政敵などを葬る際に良くやる手じゃな。

 ううう…。そうなんですか?恐いなぁ。

そうすると、REはどんな「風評」が流されたんですか?

 曰く「燃費が悪い」。曰く「すぐ壊れる」。曰く「オイルの消費が多い」。曰く「おまえのかーちゃんでべそ」等。

エトセトラ・エトセトラ…。

 …なんか4つ目は、関係ないように思えますけど…。

 まあ、ともかく、かつては小型ハイパワーなエンジンとして世界の注目を集めていたREが、ある時期を境に誹謗中傷の嵐に巻き込まれて行ったのじゃ。

所謂、REパッシングじゃ。

 ある時期って、何時なんです?

せっかく実用化された、REを悪く言うなんて許せないっす。(怒)

 1973年(昭和48年)の頃じゃ。この時、あの忌まわしい“オイルショック”が起こったのじゃよ。

中東の石油産油国が手を繋いで、今まで消費国側に決められていた原油価格を自分たちで決定する。として原油の価格を大幅に上げた事が原因じゃ。

 あ、知ってます。トイレットペーパーや石鹸洗剤が無くなるとか大騒ぎになって。みんなスーパー等に買い占めに走ったってヤツですよね。

 そうじゃ、もちろんガソリン代も大幅に値上げされ、あげくには日曜、休日にはガソリンスタンドが休業となり、休日前には、ガソリンスタンドに長蛇の列が並んだという。未曾有の石油パニックが、日本どころか全世界に走ったのじゃ。

それがきっかけとなって、当時ロータリーゼーションを標榜して、REの全米展開を押し進めていたマツダに大打撃を与えたのじゃ。

 なんで?REにしわ寄せが来るんですか?

 確かに、REはコンパクト・高出力という、掛け替えのない長所を持ったエンジンじゃが、反面同排気量のレシプロより燃費が悪いという、欠点も持っておった。

もっとも、出力換算すれば、それ程燃費の悪いエンジンではないのじゃがなぁ…。

 (当時の10A型REは1,000CCで110馬力。12Aでは1.200CCで120馬力を絞り出していた。これはレシプロのオーバー2、000CCに匹敵する数値であり、すでにグロス表示ながらリッター100馬力を達成していた。)

 しかし、全米からガスイーターのレッテルを貼られたREは、省エネの掛け声に押されて、その販売台数は激減した。

当時、アメリカへの積出港の近くの保管場所では、売れなくなったRE車がペンペン草を生やしていたそうな(泣)。

 へっ?アメリカが…。アメ車なんてそれこそガスイーターの代名詞でしょ?

 そこが、問題なんじゃ。ここからの講義は事実を踏まえた上でのワシなりの考察を述べて行くので、心して聞くようにな。

 ……。考察って?、教科書に書かれていることをそのまま、話しているんじゃないんですか?

 ぶわっかもん!!。ワシの講義をそこら辺の大学お抱えの教授の講義と思うな!

試験に近くなると自分の詰まらん著書を買わせて、そこから試験問題を出す輩と一緒にするでない。

 え?でもそれがないと、教授もやっていけないんでしょ?

自分の知り合いの大学生なんか、ゼミの教授の著書のレシートを貼って提出しただけで、『優』をもらったって言ってましたよ。

 …はぁ。嘆かわしいのう。学問をなんだと思っておるんじゃ。

そんなことだから、自分の頭で考える事が出来なくなって、ゲームやマンガの世界と現実とを混同する輩が出て来るのじゃ。

 いやぁ、日本の大学は入るのは大変ですけど、卒業するのは簡単ですからね。

早○田のスーパー○リーの代表の○田なんかは、卒業しないようにするのが大変だったみたいですよ。○稲田ブランドを利用したっくって、いつまでも早稲○の現役の学生で居たかったみたいですから。

 ぶわっかーもん!!そんなヤツは、論外・圏外・存在外じゃ!

良いか、これからの講義の内容はワシが話したからと言って、100%信用するかどうかは、おヌシらの判断に任せる。

それだけの予備知識は前回の講義で教えたはずじゃからな。

 げげ!!。(前回の講義なんかほとんど憶えてないよぅ…)

 その為に、レポートを書かせたんじゃからな。忘れたとは言わせんぞ。

 (汗)(汗)…。

 ! あ、そう言えば、実用化されたRE車ってから当時、どの位作られたんですか?

 おお?良い質問じゃ。

1967年に本格的な生産が始まり1978年までに、累計100万台を達成、たった11年でじゃぞ。

 え…。と言うと年間10万台ですか。結構売れてたんですね。(ホ…)

 うむ。知ってのとおりREは当初、夢のエンジンと言われ多くの会社がバンケル社から、ライセンス権を取得して、実用化の研究を始めたが、結局モノに出来たのはマツダだけじゃった。

本家のNSUバンケル社においても、NSUスパイダーとR080を合わせて約4万台生産したにすぎなかったのじゃぞ。

 まさしくRE=マツダのイメージが出来た訳ですよね。

 そうじゃ、マツダは当初そのREを普及させるために、コスモスポーツの後、ファミリアクーペを皮切りに多くの量産車にREを搭載し、安価でユーザーの手に入るような販売戦略を展開した。

これが、いわゆるロータリーゼーションと言われるものじゃ。当時のマツダのラインナップには必ず、レシプロとREの表記が有り。ユーザーは好みで選ぶ事が出来た。

今から想うと夢見たいな時代jじゃったわい…。

 あ…遠い目をして…。(今のうち、フケちゃおうかな…)

 しっか〜・しぃ!! あろうことか、この頃から既にREパッシングは始まっていたのじゃ!!。

 わっ!ビックリした〜。

…え”? REパッシングって、73年のオイルショックからじゃなかったんですか?さっき教授がそう言ってたじゃないですか。

 世界的にはな…。しかし日本の国内では信じられん様な事が既に起きておった。

おぬし、RE車の自動車税はどのクラスか知っておるか?

 へ?…。10Aは確か約1.000ccだから、リッタカークラス。12Aは約1.200cc・13Bは約1.300ccだから、共に1.5リッター以下のクラスですか?

 ふむふむ、よく勉強しておるな。しぃか〜し!!

甘い甘いぞ、イカ君。サッカリンの100倍…。

 いや、それはもういいですってば。

 ……。

正解はどれも、1.5〜2リッタークラスに分けられるのじゃ。

 げっ!なんで?

 排気量に1.5倍を掛ける。これが、REが登場してから決められた、税制上の措置じゃ。

おかげで3REの20Bなぞは、3リッター以下のクラスに分けられ¥5万超える自動車税が、毎年掛かって来おる。(私怨プンプン)

 『ロータリー車は単室容積×ローター数×1.5で算出された数値を上記排気量に照らして下さい。
例:12A・13Aは「1500cc超2000cc以下」、20Bは「2500cc超3000cc以下」。 』(「自動車税のあらまし」より抜粋。) 

 なんで又こんな、理不尽な。

 前に述べたように、69年代において、100馬力を越すエンジンはレシプロでは2.000cc以上のクラスでしか無かった。

そんな所へREは1,000CCで100馬力超で登場したのじゃ。自動車税では当時、2リッタークラスは贅沢な車じゃっったから、今以上にその差額は大きかった。

1.000cc以下の税金で、2.000cc以上の高性能車を手に入れられるとしたら、おぬしはどちらを選ぶ?

 そりゃ、もちろんREでしょうね。余計なお金は払いたく無いですからね。

 じゃろぅ。…そこでこんな理不尽な税制上の規定が設けられたのじゃ。どんな力がどこに働いたのかは、今となっては知る由も無いがな。

 …(汗)…マジっすか…。

 もちろんじゃ。が、軽自動車界においてはもっと露骨な妨害工作が行われておった。

 へ、?軽自動車。当時はまだ360ccの時代でしたっけ。

 そうじゃ、日本独自の規格として誕生した軽自動車じゃが。高い経済性と維持費の安さで、まさにゲタ代わりとして爆発的な人気を得始めたのじゃ。

そこに、マツダは1ロータリーの軽自動車を開発して販売しようとしたのじゃ。これが実現すれば、REの普及に更に弾みがつくと考えておったのじゃよ。

 うーん、どっかのメーカーじゃ無いですけど、まさにフルラインREを目指していた訳ですね。

 軽自動車は未だ発展の途上で、各社は決められた規格の中で凌ぎを削っておった。特に360ccという排気量の制限の中で、どうやってパワーを絞り出すかのパワーウォーズは、高速道路が整備されつつあった当時としては、今後の軽自動車の命運を握っていたと言って過言では無かったのじゃ。

 !!…小型軽量・ハイパワーならREの得意技。他に並ぶもの無し!!

 お?なかなか解って来たようじゃな。その通り、2サイクルエンジンでトップクラスでも30馬力前後がせいぜいじゃった軽自動車界にとって、まさにREは驚異のエンジンじゃった。

この1REは一説によると、40馬力を優に超えていたと言うからの…。しかも、振動が少ないので乗り心地に於いても、ライバル各社を凌いぎ、1クラス上普通自動車並の走行性能を実現していたのじゃ。

 おお、凄いぞ1RE軽カー!!

 そうして遂にその軽自動車は発売された。時に1972年、その名を『シャンテ』と言った。

 おお、凄いぞ『シャンテ』!。一度は乗ってみたいです。

 しか〜しぃ!!。そのエンジンルームには、2サイクル360ccエンジンが搭載され、1REが積まれることは無かったのじゃ。

 (ガクッ)…。 え??。また何で?

 理由は、おぬしが既に言っておる。

 へ?

 物憶えの悪いイカじゃな。

「!!…小型軽量・ハイパワーならREの得意技。他に並ぶもの無し!!」こう言っておったじゃろ。

 はい、確かに。 これって、REの特徴ですよね。

 そうじゃ。マツダやそのユーザーにとっては掛け替えのないエンジンじゃが、他社に取ってはこれ程の驚異は無い。

軽自動車業界はこぞってRElの軽自動車投入に反対し、結局運輸省からの認可が下りず、RE軽カーの販売は中止となったのじゃ。

 げげ!それって、営業妨害にならなかったんですか?

 …残念なことに…。なにせ業界上げての妨害じゃからの…。

 でも、本来こう言ったお役所は、その業界の技術発展や市場の活性化を後押しするべきものでしょう?それなのに新技術を開発した会社の足を引っ張るなんて…。信じられないっす!!。

 ま。いわゆる“既得権の保護”ってヤツじゃな。

 そんな日本のお役所は許せ無いっす。

 “許認可権”盾に業界や業者から利権を得る、そんな輩にとって自分達の掌で踊ら無い業者は単に排除の対象でしか無かったのじゃよ。特にマツダは当時の業界の再編成に抵抗してREを開発したのじゃから、初めから目を付けられていたというべきじゃな。

 その結果が、理不尽な自動車税とRE軽カーの不認可。だった訳ですね。

 ま。そんな所じゃ。

 ぐわー!ムカつく〜。 そうだ、こんな時こそ「ロータリー5」の出番!!。

悪の軍団に天誅を!!

 こりゃこりゃ、また訳のわからん事を…。

ちょうど良い、あんまり熱くなるのもなんじゃからここらでお茶にでもしよ…。

 “チェンジ!RE!!ポート研磨!!”

 うわ!なんじゃイカ君や。突然。

 私は、イカ君では無い!!

正義の味方「超走戦隊ろ−たりー5」のレッドロータリー!。

 …あ、いや・その…

 待っていろ悪の●●軍団!!  とぅー!!

 ……(必殺かにばさみ〜!!)…

たわけ!!。上手いこと言ってさぼろうとは不埒な奴じゃ。

 いたたたた…。先生無茶しますなぁ。

 フンとに、おヌシはすぐさぼることばかり考えおる。その性根一度叩き直さんといかんな。このままにしておいては、いずれ人を殺める事にもなりかねんからのう。

 なに、物騒なこと言ってるんですか。一介のイカにそんな大それた事が出来るわけ無いじゃないですか。

 何も知らんのか?性根の腐ったイカはいずれそのはらわたも腐って来るのじゃぞ。そしてやがてその腐ったはらわたからはアンモニア等の有毒ガスが発生し、狭い船倉の中を充満…。。

 先生、時事ネタは長続きしませんよ。

 誰がジジィじゃ!!

 いや。あの…。

 まったく、せっかく熱くなった頭を冷やしてやろうかと思っていたが、それも必要ないようじゃな。

では、講義を続けるぞ。よいな。

 トホホ…。こんなにイジメられるとは、なんてREなボク。

 なにをぬかしておるか!。REに課せられたイジメはこんなモンじゃないぞ。おこがましいにも程がある。

 へ、税金やRE軽自動車の認可以外でもまだ何か有ったんですか?

 モータースポーツ、所謂レース界に於いてもREはいじめ抜かれておる。本来なら公明正大であるべきオフィシャルが、それこそ難癖を付けてきおった。

 どんな事ですか?

 そもそも、マツダがREでレース活動を始めたのは、生まれたばかりのREエンジンの優秀さを内外にアピールする為で有ったのじゃ。そこでまず彼らは、チャターマークのおかげで定着した「REは耐久性・信頼性に乏しい」と言う風評を覆すため、ヨーロッパの耐久レースにその活躍の場を選んだのじゃ。

デビューレースは、1968年マラソン・デ・ラ・ルート。ル・マンより過酷な84時間レースじゃった。そこにマツダは発表されたばかりのコスモスポーツを2台エントリーさせたのじゃ。

 のっけから無茶しますなマツダはん。のっけからル・マンの3.5倍の84時間ですか、

 結果、日本人ドライバーの1台はリタイアしたものの残り1台が見事完走、総合4位に入賞したのじゃ。更に翌年69年には、日本人のファンにもなじみの深いスパ・フランコルシャン24時間レース。通称スパ24時間レースに、2台のファミリアREクーペで出場。総合4位・5位で完走。

ヨーロッパにRE旋風を巻き起こしたのじゃった。

 す、凄いっす。ヨーロッパと言えば強豪ポルシェやBMWが相手ですよね。

 その通り、僅か1.000cc程度の排気量で絶対換算2倍以上のマシンを相手にしてのこの快挙じゃった。そこでFISA(国際自動車連盟)は慌ておった、最初は困難な開発を経て実用化されたこの新しいシステムのエンジンに、暖かい目を向けていた彼らも、このままではレース先進国のメンツが立たんと思ったのじゃろう。早速70年のスパ24時間で難癖を付けてきおったのじゃ。

これが、REのレーシング界での受難の始まりじゃった。

 ヨーロッパでもですか〜?!

 先ず、いつも問題になる排気量換算じゃが、REはその排気量のなんと2倍!!。その時のREは10Aじゃから2,000ccクラスとして扱われた、この排気量換算は85年まで続き、その後1.8倍になり、最終的には税金換算と同じ1.5倍に落ち着いた訳じゃな。

因みにターボや、スーパーチャージャー装着車が1.7倍じゃったから、いかにREを恐れたか、良くわかるじゃろう。

 うっわー倍ヅケですか、この間の麻雀なみですね。

 ぶわっかもん!ありゃおぬしがチョンボをしたからじゃろ。チョンボは倍ヅケ、常識じゃろ?人聞きの悪い。

 うう、そのおかげで、今月の食費も無くなり、いまや自分の足をしゃぶって生きています…(泣)

 勝負事に泣き言を言うでない。そこまで言うのなら、もう一勝負やってやろうか?…ん。

 おーっし、リベンジしてやるぞぉー!!

 ふぉふぉふぉ…。早速それじゃメンツを集めてくるのじゃ。いつもの『緑一荘』で待っておるぞ。

 ♪てんぼー、てんぼー、倍ヅケ、倍ヅケ、イ・カ・サ・マ〜♪。

♪てんぱーい、てんぱーい、積み込み、振り込み、イ・カ・サ・マー (元歌…近藤真彦・ふられてバンザイ)

 

     超走!マツダ戦隊ロータリー5(歌詞)

五つの力が一つになって

轟き渡る 正義の爆音

ふたつとみっつの おむすび回る

燃費を恐れぬ そのパワー

頂戴 頂戴 ぼくらに ガソリン代

激走 爆走 宇宙の果てまで

マツダ戦隊 マツダ戦隊 ロータリー5

 

五つの勇気を炎と燃やし

悪を蹴散らす 正義のハンドル

悪魔の爪持つ チャターを倒す

誰にも負けない この馬力

掛けるな 掛けるな ぼくらに 大型税

超走 快走 この世の果てまで

マツダ戦隊 マツダ戦隊 ロータリー5

 


             トップページへ              初級編へ