ヤーマン2号の 第9回ルート4フェスタin小山 レポート

 トップページへ


 *開催日時…H15年7月26日

 *開催場所…栃木市市役所正面駐車場

《ルート4フェスタとは》 …今年で9回目を迎えるこの催しは、毎年夏に栃木市役所を中心として、国道4号線沿いに行われる地域振興祭の一種であり、クラシックカー&スワップミートはその中のイベントの一つである。 県内外から、国産・外車を問わず旧車のオーナーが自慢の愛車を持ち込み、展示会やフリーマーケットを開くが、今年はRX-8発売記念と言うことで、ロータリー車特集が行われた。

                        

参加車種

メーカー名

車名

製造年

型式

備考

マツダ

チャージマツダ 767B

1989年

767B

 89年のル・マン24で9位入賞の、4ロータリーエンジン車である。この時の健闘が91年の787Bの総合優勝に繋がった。驚くことに、かつてマツダのエンジニアだった方が現在、個人所有されており、可動状態で保管されている。実際この会場となった駐車場を激走していただき、一同大感激していた。  (最後に飛ばしすぎて、バリアーに突っ込んだのはご愛敬…)

マツダ

コスモスポーツ

1972年

L10B

 ご存知、世界初の市販2ロータリーエンジン車。この車から、ロータリー車の歴史が始まったのである。オナーズクラブの方の所有車でさすがに綺麗に整備されていた。

マツダ

コスモスポーツ

1972年

L10B

 同じクラブの方でお揃いで来場されていた。

東洋工業

ファミリア プレストロータリー GS

1971年

M10A

  コスモがREのシンボルなら、このファミリアはREの普及を担った車である。直線ならば公道はおろかレース場でも、スカGを突っつきまわしていた。

マツダ

ファミリアロータリー TSS

1970年

M10A

  当初、クーペにしか搭載されていなかったREを4ドアセダンにまで広げた車。これ以降“ロータリーゼーション”の掛け声と共にマツダは同一モデルにレシプロとREの2本立てのラインナップを行っていったのである。

マツダ

ルーチェAPロータリーワゴン GR-V

1975年

LA33W

  現在で言うスポーツワゴンのはしり。と言っても20年先を見越していた訳では無く、この頃どのモデルにもREを積んでいた証。なにせマイクロバスにまで積んでいたのであった。

マツダ

マツダ サバンナGT

1972年

S124A

  当時ツーリングカーレースで最強だったスカイラインGT-Rの50連勝を阻み、それ以降100連勝を成し遂げ、RE神話を築き上げた名車。安くて速かったので暴走族御用達車となり、現存車は極端に少ないはずである。オーナーはこの車を新車時から乗り続けている、究極のワンオーナーカーである。

マツダ

カペラ ロータリークーペ GS

1974年

S122A

  「風のカペラ」と謳われた、マツダの上級スポーツモデル。サバンナGTが出るまではRE最強のマシンで、かのスカGと初めて互角に戦えた国産車であった。オーナーは免許を取ってから20年、この車を愛用されている。

マツダ

ロードペーサー AP

1975年

RA13S

  高級セダンを持っていなかったマツダが、アメ車のドン柄に13Bを積んで発売したモデル。当時のマツダの最高級車種であるが、ほとんどが社用車としてごく少数が販売された。一説によると800台を切るらしい。

NSU

NSU(アウドウニオンアウディ)RO-80

1968年

 

  REの元祖バンケルエンジン搭載、まさしく世界最初の1REエンジンのNSUスパイダーに続くモデルで2REである。驚くことにペリフェラルポートで、このポート形状のREはマツダでは、ル・マン用エンジンにしか存在しない。因みに現在も自走可能である。

シトロエン

シトロエン GS ビロトール

1974年

 

  NSUとシトロエンの合弁会社コモートル社が開発、販売したモデル。シトロエンのボディに2REを搭載していたが、やはりチャターマークの解消に苦労し、1年ちょっとで生産を中止、販売した車は同社の同額車種と交換され、現存車は稀である。

マツダ

ルーチェ レガート リミテッド

1977年

LA43S

 ロードペーサ亡き後ミドルレンジから社格をアップされた、純マツダ製の最高級セダン、通称タテ目。13BREを搭載し、泣き所の低速トルクを補うために、MTにはトルクグライドを採用。そのおかげで、5速で20km/h走行を可能にしている。

マツダ

コスモサルーン ロータリーターボ リミテッド

1984年

E・HBSN2

  東北地方で地震が起きていた最中、宮城から参加された。オーナーはまだ若い方で、5年前に偶然中古車ショップで見かけ、衝動買いしたらしい。コスモは代々スポーツ又はスペシャルクーペというセグメントであったが、この3代目はルーチェとの兄弟車となり、多くのコンポーネンツを共有している。 その為、2ドアHTの他に、この4ドアサルーンもラインナップしていたが、ルーチェとの違いはフロントグリル程度であった。

マツダ

ユーノス コスモ

1992年

20B-SX

  ヤーマン2号の愛車である。市販最強・最後の3REターボを搭載の、4代目コスモ。デザイン的にもすぐれた2ドアクーペだと思うが、来場者のお目当ては、エンジンそのもにあったらしく、最初は遠巻きに見ていた人々が、ボンネットを開けたとたんワラワラと集まってきた。

マツダ

ユーノス コスモ 13B/E

1990年

JC-3SE

  今回参加していたもう一台のユーノスコスモ。もともとコスモスポーツのオナーズクラブの方だが、今回はこちらで参加。13B搭載モデルだが、グレード的にはヤーマン号よりこちらが上。本革をふんだんに使った内装はバブリーそのもの。お互い話す事は「燃費は?」と「高速で何キロでた?」…

マツダ

サバンナRX-7GT 改タルガ

1984年

SA22C改

  “ロータリーゼーション”を押し進めていたマツダに突如襲った、オイルショックと言う名の荒波。REはガスイーターのレッテルを貼られ絶滅の危機に陥った。マツダは会社の命運とREの復権を賭け、燃費の改善とREのメッリットを最大限に生かす為の新型車の開発に挑んだ。いわゆる“フェニックス計画”である。そして誕生したのが初代RX-7である。果たせるかな、この車は大ヒットし、マツダの再建とRE=高性能スポーツエンジンという復権を果たしたのである。この車はオーナーが2年前インターネットオークションで購入し、自社工場にてセミレストアされた公認改造のタルガトップ車である。

マツダ

サバンナRX-7 カブリオレ

1989年

E-FC3S

  正規モデルでは、現在唯一のREオープンカーである。REとオープンという組み合わせは有りそうで意外と少ない。が、その魅力は絶大である。トップはタルガトップとフルオープンへと2通りの変化が可能で、オーナーは真冬でもフルオープンでドライブを楽しんでいるそうだ。

マツダ

RX-7 RS

1999年

FD3S

  02年の排ガス規制の為、その年の8月絶版となった3代目RX-7。12年に渡り生産され、最終的には、280馬力を手にした最強のRX-7である。その日本車離れしたエクステリアには歳月を越える美しさがあり、まさしくマツダスポーツの集大成である。オーナーはこの車には珍しくフルノーマルで維持している。絶版車となってしまった現在としては、ある意味正しい乗り方の様な気がする。

マツダ

RX-8 TYPE-S

2003年

LA-SE3P

  今回のRE車特集のきっかけとなった、マツダ渾身のNEW JENERESYONN REスポーツである。新時代のREを謳いNAながら250馬力を達成、9千回転までストレスなく吹き上がる様は、まさしくREの真骨頂である。オーナーは生粋のREマニらしくいままでに15台以上のRE車を乗り継ぎ、現在はFC・FD・そしてこの8と3台を所有しているとのことである。

(※以下の記事は、現在執筆中。)

日産

ダットサン 211

1959年

211

 

ニッサン

セドリック スタンダード

1964年

G31

 

ニッサン

シルビア

1966年

CSP311

 

日産

ダットサン1600スポーツ

1968年

SPL-311

 

ニッサン

ブルーバード1800SSS セダン

1970年

H510

 

日産

ブルーバード

1970年

KP510改

 

日産

グロリアバンDX

1970年

VHA30

 

日産

グロリア2800SG-L

1975年

A-P330

 

日産

サニーエクセレント

1974年

PB-210

 

日産

サニー4ドアセダン1200GL

1975年

B210

 

ダイハツ

コンパーノ スパイダー

1970

F40K

 

日野

コンテッサDX

1966年

PD100

 

いすゞ

117クーペ

 

PA90

 

いすゞ

ベレット1600GT-R

1969年

PR91W

 

三菱

コルトギャランGTO-MR

1971年

A53CGR

 

三菱

ギャランGTO MR

1970年

A53CGR

 

三菱

ギャランGTO-XU

1972年

A55C

 

日産

スカイライン2000GT

 

GC110

 

フェラーリ

フェラーリ308GTS

1978年

308GTS

 

ロータス

ロータスヨーロッパ ツインカムSP

1973年

 

 

モーガン

モーガン4×4 2シーター

 

A55C

 

ウエスト

ウエストスポーツ

1968年

 

 

MG

MGB-GT

1974年

 

 

MG

ミジェット MKW

1972年

 

 

オースチン

ミニクーパーS MK-T

1964年

ADO50

 

オースチン

ミニ・モーク

1967年

 

 

トヨタ

トヨタスポーツ800

1965年

UP15

 

トヨタ

パブリカ コンヴァーチブル

1966年

UP20S

 

トヨタ

セリカGT

1971年

TA22

 

トヨタ

トヨタLB 200GT

1976年

 

 

ポルシェ

ポルシェ914(シャロン)

1972年

 

 

ポルシェ

ポルシェ500

1974年

 

 

シボレー

パネルバン

1953年

 

 

クライスラー

クライスラーティソート

1938年

 

 

フォード

ムスタング マッハT

1973年

 

 

シボレー

コルベット・コンバーチブル

1970年

 

 

キャデラック

クーペデビル

1965年

683

 

日産

スカイラインGT-R

1972年

KGC10

 

ホンダ

145クーペGL

1974年

CD

 

ホンダ

1300S

1969年

H1300

 

マツダ

ファミリア1000クーペ

1966年

MPA

 

富士重工

スバル1000スポーツ

1968年

A-12

 

富士重工

スバル1000スポーツセダン

1968年

A-12

 

富士重工

1300G

1971年

A15

 

マツダ

ヤングS(52型)

1968年

K111

 

スズキ

フロンテ72

1972年

LC10W

 

スズキ

フロンテクーペGX-CF.EV

1972年

 

 

スズキ

フロンテクーペGXCF

1974年

 

 

ダイハツ

フェロー バギー

1969年

L37P

 

ダイハツ

フェローMX VAN

1972年

L38V

 

ホンダ

ライフ 4Dr カスタム

1971年

SA5-6

 

ホンダ

ライフ

1971年

SA5-6

 

ホンダ

バモスホンダ フルホロ

1971年

TN360

 

目黒製作所

メグロ ジュニアS3-250t

1959年

 

 

アルピーヌ

A110

1974年

 

 

BMC

MG-B

1966年

 

 

MG

ミジェット MK 3/4

1970年

 

 

日産

スカイラインGT改

1971年

KGC10改

 

日産

フェアレディZ

1974年

S30

 

日産

フェアレディZ

1973年

S30

 

DATSUN

サニークーペ GX-5

1973年

B110

 

富士重工

ラビット・スーパーフロー

1967年

S301 BH4

 

トヨモーター

 

 

 

 

ダイハツ

ミゼット

1968年

MP5

 

三菱

三菱ミニキャブバン

1973年

LT30

 

三菱

三菱ミニキャブトラック

1973年

LT30

 

スバル

レックス 4DrカスタムL

1973年

K21

 

シトロエン

アミ 8 ベルリーヌ

1972年

AMJA

 

日産

スカイラインGT

1972年

KGC10

 

ホンダ

シビックGTL

1975年

 

 

日産

240Z

1972年

HS30

 

日産

2000GT

1969年

GC10

 

          【記念撮影】

 

  ナビの密告

ほんとは、ヤーマン2号はもっといっぱい資料写真を撮っていた筈なのである。それで安心していたら… データの後半は、大半がレースクイーンのお姉ちゃん達であった。げきど(\ /)

 

 

 トップページへ