シグマロイド・ネオ            *トップページへ   *第2章:葬送カーニバルへ


 第1章:崩壊シンドローム

   1【フラッシュバック】

  

      自衛隊東部方面特殊部隊長、依田は自分の立場を呪わずにはいられなかった。

    事ここに至っても政府は何の方針も決められずにいたからだ。

    「新宿の二の舞はご免だ。」

     彼は何度もつぶやいていた。

    4年前、新宿は突然謎の巨大破壊兵器の出現により多大な犠牲者を出していた。

    その時彼はまだ配属されたばかりの幹部候補生であって、それが何者で、

    どれほどの兵力に相当するものなのか、何の情報もなくただその現場に送り込まれた。

    彼の脳裏には其の時の記憶がいまだに鮮明に残っていた。

 

     そこは既に日本一の歓楽街などではなく、目を覆うばかりの光景が展開している戦場

    であった。

    「地獄の釜が開いたとは、このことか・・・・」

     彼は上司がそう呟くのを実感として聞いた。

    崩れ落ちた高層ビル群の瓦礫の山々、それらに押し潰されたり、黒焦げになり異臭を放つ死体、

    そこかしこから聞こえてくる負傷者達のうめき声・・・。

    依田はその光景をただ見つめるだけであった。

    やがて、気を取り直した彼はその場から離れようとした、だがどこにも逃げ場は無かった。

    自分の立場を思い出したからでは無い、紅蓮の炎に照らされた、巨大な影に圧倒された

    からであった。

     それは、高さ(身長と言った方が・・)は悠に40mを超える二足歩行の兵器であった。

    夜空に照らしだされた巨体は、大きな胴体部に首という部分が無く、直接小さな頭部が

    突き出している様に見えた。腕は2本で左腕部はマニュピレーターとは呼べない鋭い突起物の

    有る太い“金棒”であった。頭部に生えている2本の角とあいまって、それはまさしく「鬼」を

    思い出させるに充分な姿であった。自重はいくら有るのか想像もつかなかった。

    ただ、それが一歩脚部を踏み出す度に大きな地なりが起こり、粉塵が舞った。

    「あれでは、地下街にいる人間は助からんぞ・・・・」

     その脚の下で何が起こっているのか、誰の目にも明らかであった。

    この兵器に対し、依田達が出来ることは生存者を探し出し、代々木公園の臨時

    避難所へ運び出す事だけであった。彼らは「災害派遣要請」の名目で現場に駆けつけた

    部隊であった。

    「治安出動なら、銃器を携行できたものを!!」

     依田は昨日までなら、冗談でも言えない事を口に出してしまっていた。

    考えて見れば彼らが所持する銃器で、あの巨体に対し有効な打撃を与えられ無い事は

    この場にいる誰もが認識していた。

     しかし、それでもその手に銃器を携え敵に対して火線を開くことは、兵士としての本能であった。

    兵士・・・そう、自衛隊は軍隊では無い。建前としてはそうであっても彼らは兵士として

    訓練を受け、有事に際しての行動を叩き込まれているのである。ただ、旧帝国陸・海軍

    とは違って、忠誠を誓うのが国民に対してであり、守るべきものはこの国土と国民の生命

    ・財産であった。

     だが、今この状況に際してはそんな建前も本音も総て吹き飛んでしまっていた。有るのは

    巨大な敵への恐れと、この惨状への憤りだけであった。

     今、彼らは目の前でその守るべき命と財産が無残に砕け散って行くのを、座視するしかなかった。

    地上火器として有力だと思われる戦車隊はその防衛戦略上、首都圏には練馬の東部第12師団

    に駐屯しているだけであり、彼らの出動に必要な政府からの「防衛出動命令」は、未だに発令され

    ずにいた。

     さらにこの混乱を大きくしたのは、市谷の防衛省が完全に沈黙していた為であった。

    「市谷からの連絡は・・・」

    「まだ、何も・・・」

     部隊の指揮通信車の無線には、ひっきり無しに市谷の現状を問う声が飛び交っていた。

    「直撃だったのか。」

     この恐るべき巨大兵器は信じ難い事に、地下から現れたものと思われた。

    市谷方面に出した偵察隊よりもたらされた情報を総合すると、そう判断するしか無かった。

    「防衛省を中心に周辺1kmに巨大な陥没を確認 。」

    「JR市谷駅は炎上中、東京メトロは神田川よりの浸水により水没の見込み」

    「市谷より新宿西口にかけて、建造物の倒壊並び道路の陥没を確認。」

 

     思えば、この災厄の日より1週間前、関東近郊には震度2〜4の地震が頻繁に

    起こっていた。東海沖地震の前兆かとも騒がれ初めていたが、ここ2・3日揺れが収まると

    それも、日々の暮らしの中で忘れられて行った。ただ、震源地が伊豆沖から都下へ移動し

    ていることに一部の識者やマスコミが不安を投げかけていた。

     だが、その不安がこのような異様な形で的中しようとは、誰も想像だにしてはいなかった。

    やがて依田達の上空にヘリのローターの音が聞こえてきた。

    「偵察のヘリが戻ってきたか・・・」

     しかし、それにしては数が多く、徐々に大きくなる機影は偵察機のそれでは無かった。

    「木更津の部隊か!!」

     それは木更津の対戦車ヘリの小隊であった。彼らも又、出動命令の無いことに最初は混乱した

    ものの夜間訓練と称して、自主的に動きだしたのである。

    「とにかく状況確認だ、まず上がれ。」

     木更津の第4対戦車ヘリコプター団司令部の独断であった。防衛庁長官直轄の部隊とはいえ、

    出動命令を待っていては取り返しのつかない事になる。

    それが、かつて阪神・淡路地区で起こった大震災の際に得た彼らの教訓であった。

 

    「何だ、こいつは・・!?」

     戦闘ヘリの小隊長、今村は彼の眼下に見える状況を何とか理解しようと勤めた。

    東京の繁華街新宿が、いままで見たことの無い赤い景色に彩られていた。そこはかつて

    華やかなネオンが照らしだしている不夜城と揶揄された街では無く、燃え盛る炎で血の色に

    染めあげられている地獄だった。そしてその血の池にたたずむ巨大な鬼が居た。

    「攻撃命令を!」

     今村は、方面本部に指示を仰いだ、いや指示を強制していた。

    だが、さすがにそれは通らなかった。現状維持。それが本部からの命令であった。

    今村は、戦闘ヘリのパイロットとして既にベテランの部類に入っていた。本来なら

    地上勤務に就いても良い年齢ではあった。しかし彼の気性がそれを拒み続けていた。

    其の為か、先月ようやく一尉に昇進したばかりであった。

    「貧乏クジを引く性分なのかな・・・風邪はろくに引かんくせに・・。」

     彼はそう呟くとガンナーの芳川に話かけた。

    「芳川、きさま来月で除隊だったな。」

    「はっ、実家の酒屋を継ぐことになっております。」

    「いままでの、賞罰は?」

    「え・・?特に有りませんが。」

    「そうか・・・。1つ汚点が付くが。ま、箔がついたと思ってあきらめてくれ。」

     芳川は嫌な予感がしたが、それを止める手立てが無いのも熟知していた。

    「小隊各機に告ぐ!」

     今村が小隊を組む4機に命令を下した。

    「これから我々第1小隊は、当初の予定£ハり、実弾発射訓練を行う。

    標的は見ての通り馬鹿でかい。1発も外すな!」

    「繰り返す、これより実弾による発射訓練を行う、これは訓練である。以上!」

     芳川は何を今更、と思いながらも既にコンソールの戦闘プログラムを立ち上げ

    兵装モードを選択・決定していた。

   

     地上の依田達は上空の戦闘ヘリが、攻撃体勢に入ったのを見て驚いた。だが一番

    驚いたのは、彼らを送り出した木更津の部隊であった。さすがにこれを黙認することは

    出来ない。後で背広組に何を言われるか解ったものでは無かった。シビリアンコントロール

    は、彼らの御旗である。手榴弾1発でも政府の許可無く使用する事は適わないのである。

    へたをすると師団長だけではなく防衛省大臣の首が飛ぶ・・・。

    「今村一尉。勝手な行動をとるな、きさまらは現状維持である!」

     司令の声がレシーバーから響いた。

    「こちら今村、了解。只今より、発射訓練の現状を維持します。オーバー。」

    「・・・・・?!」

     司令の声が一瞬詰まった。

   

    「全機、ってー!!」

     両脇に装備されたミサイルポッドから1発づつ、計10発のミサイルが発射された。

    彼らに装備されている対地兵器は対戦車ミサイル“ヘルファイヤー”と70mm対地ロケット弾、

    30mmバルカン砲である。今村らは、躊躇なくその対戦車ミサイルを選択した。どんな強靭な

    装甲を誇る戦車でもこいつに直撃されれば、粉砕されるしかなかった。

     ドーン!!・・・・

    依田は腹に響き渡る爆発音に、思わず耳をふさぎ首をすくめた。富士の演習場では聴き慣

    れた爆発音も、この新宿の夜空では恐ろしい程の余韻を響かせていた。

    「全弾゛標的"に弾着!」

     芳川の声が、心なしか弾んでいた。其の時、爆発の硝煙の中から青白い光球が打ち出された。

    「回避ー!」

     ミサイル発射後、ランダムに回頭運動を始めていた彼らは、かろうじて全機これをよけることが

    出来た。だが、彼らの後方に付けていたマスコミのものと思われるヘリが1機、光球の直撃を受け

    四散した。

    「何だ、今のは?!」

     今村の額には冷や汗が噴出した。

    「やつは、飛び道具をもっています。」

    「まずい・・・」

     今村は皇居の方向を思わず振り返った。

    ここから皇居まで、数キロしか離れていない。あの光球の射程距離が3千メートルも有れば直撃

    されてしまう。彼は第二波攻撃を決心した、躊躇っている時間は無かった。

    「芳川、もう一発行くぞ!」

    「小隊長、駄目です。ディスプレイがホワイトアウト!攻撃不能。」

    「なんだと?!」   

    「先ほどの光球、どうやら強力な電磁波を帯びてたようで、電子機器の一部が

    帯磁した模様です。」

    

     薄れていく硝煙の中から、姿を現わした敵の頭部の角には、まだ青白い電光が走っていた。

    「コンピュータを切れ。緊急対応マニュアルでやれ!!」

     芳川はバルカン砲のトリガーを押し試射をして見た。

    バリ・バリ・バリ・・・・・

    「良し、使える・・・。」

     今村は機を反転.させると、敵の頭部に機首を向けた。

    対戦車ミサイルでも効果の無かった相手で有る。バルカン砲ではどうにもならないのは解って

    いた。ならば、せめてあの光球を打ち出す角だけでも・・・・。

     芳川はヘルメットのバイザーとバルカンのリンクを切り、肉眼で狙いを付けた。

    「もっと突っ込んで下さい!」

     今村の機はバルカン砲の射程圏内を目指して巨大な影に肉薄して行った。

    「小隊長!」

     彼の動きに倣おうとした僚機達は其の時、敵の左腕が振り上げられるのを見た。

    「!!」

     今村と芳川は覚悟するしか無かった。

 

      ドゥーン!!

     凄まじい爆風と光曝が彼らの機を包んだ。今村は必死で機の体勢を立て直すとその空域

    からの離脱に成功した。 

     眼下には頭部にミサイルの直撃を受け、膝を折って動きを止めた敵がいた。

    もう一秒も遅ければ、今村の機はハエの様に叩き落とされていただろう。

    「助かった・・。」

     キィイーン・・・ン。

    上空を旋回している一機の戦闘機が目に入った。

    「F‐15イーグル?百里から・・。」

    「いや、ちがう・・・。」

    今村は芳川の呟きに思わず答えた。

    F‐15イーグルは邀撃戦闘機である。対航空戦力においては絶大な威力を発揮するが、

    地上目標に対しては、さしたる火器は搭載していない。"怪獣”に立ち向かうのはスクリーンや

    ブラウン管の中だけである。

    ・・・言われて見れば、上空の機はイーグルより小ぶりで、主翼の形状がやや前進翼であることが

    判った。見馴れない機体であった。

     やがて、その後方から数機の戦闘機の編隊が現れた。今度は馴染みのある機体であった。

    F‐2支援戦闘機・・・、地上攻撃兵器を満載している。

    彼らは本気で敵を叩く気である。

 

    「防衛出動が発令されたのか?」

     だが、彼らにはそんな連絡は入っていなかった。代りに思わぬ声がレシーバーより流れ、

    その内容に今村は、自分の耳を疑った。

    「本日01:00、“デフコンΣ”発令! 自衛隊各部隊はこれよりガーディアン≠フ

    指揮下に入った。繰り返す、“デフコンΣ”発令。」

    「私の指示に従って下さい。」

     酸素マスク越しのくぐもった声であったが、確かにそれは若い女の声であった。

                     NEXT

        *トップページへ