12【ヘブンズ・ゲート】

 

東部方面特殊部隊はその拠点を朝霞の駐屯地に持ち、習志野・鹿島・木更津に各3個中隊を展開していた。

彼らは24時間体制によるピット待機を強いられ、各基地から1個中隊が交代でこの任務に就いていた。

彼らの待機するピットは良く見られるカマボコ型の屋根を持つタイプでは無く、居住性を重視した最新タイプで、上空から見ると五角形の形を成していた。その為ミニ・ペンタゴンとも称されていた。

通常この待機所には15〜20名の隊員が、非常時に即応すべく詰めているのである。

15〜20名と幅が有るのは、中隊によって欠員が生まれ中々補充人員の確保が難しい為であった。

ならば、部隊内で融通すれば良いようなものだが、チームワークが重視される彼らの任務にとってそれは許されるものでは無かった。

又、人材育成の意味でも欠員は新人を充てて行くのが、最良とされていた。

だが、この部隊に配属させられる事は当の若い隊士達にとっては、名誉であると共に恐怖の対象でもあった。

なにせ、この部隊の任務の厳しさは自衛隊中に鳴り響いていたのである。

いまだ未知なる巨大な機動兵器に対し、真っ先に現有兵器で立ち向かうその様はまさに風車に立ち向かう

ドンキホーテそのものであったからである。

当初、レンジャー課程を終えた者だけで部隊を編成したことでも、その過酷さは容易に想像されていた。

だが、誰かがやらねばこの国はその巨大な脚で文字通り踏み潰されていくだけである。

待機所に詰めている隊士達は、その使命感のみで彼らの任務を遂行しているのであった。

『東部方面特殊部隊』への転属を告げられた2人の若い自衛隊員は、それ故にある種の覚悟をし、緊張の面持ちで習志野の待機所の扉を開けたのであった。

 

「本日付けで、東部方面特殊部隊・第三中隊への転属令を受けました、仁科2等陸士であります。」

「同じく、袴田2等陸士・・・・。」

型どおりの転属・着任の挨拶をしようとした次の瞬間、彼らは自分達の眼を疑った。

そこは、いつ発令されるか判らない出動命令を待っている緊張感溢れる室内…ではなかった。

 

「おう!適当に座れ」

タバコの煙が充満し、靄に掛かった様な建物の奥から邪魔臭そうな声が響いてきた。

分煙、禁煙の意識が広がっている昨今には、珍しい光景であった。

30坪程の室内は15名の隊士が思い思いの風体で“くつろいでいた”のである。

いや、本人達は“待機”しているつもりであろうが、新人の2人にはそうとしか映らなかった。

ハンモックに寝そべり、書物を読み耽っている者もいればビデオゲーム機に熱中している者もいた。

中央にあるビリヤード台で玉を突いている者もいれば、お定まりの4人遊戯に興じている者もいた。

その風景は場末の温泉宿の遊技場そのもので有った。

厳しい任務に赴く峻厳な待機所の雰囲気を想像していた二人は、暫くその光景を茫然と見つめるしか無かった。

「なんだ、其の顔は?当てが外れたか?」

困惑する仁科等に先程の声の主が近寄って声を掛けた。

 

「自分がこの中隊の責任者、近藤だ。よろしくな。」

あまりに気さくな挨拶に、更に彼らは毒気を抜かれた。

「は、自分は第十二普通科連隊より転属令を…。」

「ああ、いい、いい。転属の報告はさっき聞いた。」

慌てて、敬礼をしながら着任の報告をしようとした2人を近藤は制し、彼らの肩に手を置いた。

「まあ、そんなに気張っていると24時間も保たんぞ。楽にしてその辺に座れ。」

再度促されて二人はおずおずと、ドアーの脇のソファーに腰を降ろした。

「コーヒーでも飲むか?もっともセルフサービスだがな。」

近藤は自分の肩越しに中央にあるカウンターを指し示した。

そこには某大手のハンバーガーショップが有り、その奥にはビッフェらしき物まで展開していた。

そのカウターでは一人の隊士が座って、キングサイズのハンバーガーにかぶりついていた。

「ここにいる間は何を喰っても、何を飲んでもいいぞ。お代わりも自由だ。

退屈ならゲームもアーケードの新作から、新型家庭用ゲーム機のソフトも揃っているぞ。

…それとも、博打の方がいいか?カード?花札?麻雀…もっとも、アルコールと女は御法度だ。」

 

「あ、いや…これが東部方面特殊部隊の“待機所”なんですか?」

仁科がようやく質問した。その表情は戸惑いよりも怒りに近かった。

「そうだ。何かおかしいか?」

「これでは…、有事の際直ぐに対応出来るのですか?」

「心配するな、皆ベテラン揃いだ。そん時には外のCH(輸送ヘリ)に乗り込むのに1分も掛からんよ

まぁ、その様子じゃボク達には未だ無理の様だな。それじゃ良いこと教えてやる。靴と銃だけは手放すな。

そいつさえ忘れなきゃ、“現場”でも一応カッコが付くからな。」

近藤の言葉を聞いて室内に笑い声が広がった。

その笑い声に仁科は思わず叫びそうになった。

「何が(可笑しい)…」

その声を袴田が気付かれ無いように押さえた。

「なんだ?まだ何か言いたいことでも有るのか?」

「は、自分達はここで“侵略体攻略”のレクチャーを受けるものと思っていましたので…。つい」

袴田はこれ以上自分達が不利にならない様、言葉を選んだ。

新人がからかわれるのは、軍隊の常である。しかし生き延びる為には先輩隊士に逆らうのは愚の骨頂であった。

ここは、耐えるしか無いのである。

 

「侵略体の攻略だとぉ〜。」

早速、奥のソファーに寝ていた一人の隊士が起きあがって二人の側に寄ってきた。

「ふーん、仕事熱心な坊や達だな。感心・感心。」

「この中隊の先任曹長、岡島だ。」

近藤が二人にその名を告げると思わず彼らは立ち上がり、直立不動の姿勢をとった。

「ふん、兵隊の性か。しょうが無いなまったく。」

岡島は袴田に近付くと、こう話し掛けた。

「貴様ら、この部隊に転属してきたからには一応の教練は受けてきたんだろうな。」

「は、もちろんで有ります。」

「なら、特車の心得を言って見ろ!」

「……て、『敵とで出合ったらまずぶっ放せ』」

「『それから考えろ』で有ります。」

「上出来だ。だが此処じゃそれでは60点台だ。」

「……?」

「いいか此処では『ぶっ放せ』『そして走れ!』だ!!」

岡島は袴田の頭を軽く叩きながらそう言いこう続けた。

それから「『考えるな、感じろ。』『受け入れろ。』・・・それが生き残るコツだ。」

「・・・『考えるな、感じろ。』・・・・?」

「『受け入れろ』・・・でありますか?」

二人はお互いの顔を見合わせた。

「そうだ、侵略体に見とれてボーッとしていたら、ああなるぞ。」

岡島は奥のカウンターを指差した。

そこには、2個目のキングサイズのバーガーを手にした隊士がいた。

彼はその4段のバーガーを力一杯両掌で上から押さえると、その口に運ぼうとしていた。

つぶされたバーガーからは厚手のパティとケチャップソースがはみ出しカウンターの上に滴り落ちていた。

袴田と仁科はその光景に自分達のそう遠くない未来を重ねて、思わず息を飲んだ。

 

「なんだ、何を見ているんだ?」

二人の視線を感じたか、その隊士が二人の方に振り向いた。

「あ、いえ…別に…。」

「貴様等も喰いたいのか?ならオーダーしな。結構いけるぜ。」

「いや、自分達は・…。」

「若い者が遠慮するな。代わりに俺が頼んでやる。

 おい、あの若い連中にキングバーガー2つとコーヒー2杯頼むぜ。」

「はい!ありがとうございます!!」

間髪を入れずカウンターの奥から若い女性の声が響いた。

キッチンから姿を現した女性はお馴染みの制服を身にまとい、お馴染みの微笑みを二人に向けた。

そうして更にお馴染みのセリフを口にした。

「ご一緒にポテトもいかがですかぁ?」

「あ…はい。」

袴田達は反射的に頷いていたが、それは街中でのやり取りと何ら変わらなかった。

彼らは思わずカウンターの上の看板を見た。

そこには大きくKの字を形取ったロゴサインが輝き、その脇にこの店の店名が入れられていた。

 

「“王様バーガー”…。」

「へぶん…ず・げーと…?」

「“ヘブンズ・ゲート店”!」

 

「天国の門…いわゆる審判の門。この待機所の事だ。」

岡島は二人の疑問を察知したかの様にそう声を掛け、カウンターの上にある三色のライトを眼で示した。

気が付けばこの部屋の四方に、そのライトは天井から吊り下げられていた。

「貴様らの宗旨はなんだ?」

「はぁ?宗旨でありますか?」

「自分は別に…。」

「実家のでも良いぞ?」

岡島の問いかけに二人はとまどうだけであった。

「まぁいい、オシャカ様でもイエス様でも御利益の有りそうなのを選んで祈っていろ。」

「祈る…何をでしょうか?」

「あと20数時間、あの赤いランプが点かない事をな。」

岡島は三色のライトの赤い部分を指してそう言うとこう続けた。

「何事もなくあの左端の青いランプが点けば俺たちは無罪放免!

36時間の自由が与えられる。」

「だが、右端の赤いランプが点けば出動だ。地獄の一丁目へ直行って訳だ。

だからここはヘブンズ・ゲートと呼ばれている。…納得したか?」

 

二人は思わずお互いの顔を見合っていた。

「お待ちどうさまでした!」

そんな彼らの前にハンバーガーのセットが運ばれてきた。

「キングバーガーセットです。どうぞごゆっくり!」

女性の店員はプライス・ゼロの微笑みを振りまきながら去っていった。

そのボリュームに圧倒されたのか二人はバーガーに手を延ばすことも忘れていた。

 

「どうした?食えるときに喰っとけよ。」

「ワインは付かないが、最後の晩餐になるかも知れんぞ。」

袴田は迂闊にもその時、祖父母が念仏を唱えている姿を思い出していた。

                  BACK   NEXT

        *トップページへ