14【ミラージュ】

 

女は迎えに来たヨーロッパ産の高級車の後部座席に身を沈めた。

「お疲れさまでした。」

運転を任せられている若い男は、そう事務的に言うと車を走らせた。

「事務所に戻られます?」

「…そうね…。」

そう女は答え、静かに目を閉じた。

都内の事務所までここから2時間ほどのドライブである。

女は少しでも仮眠を取ろうとした。

だがそれは適わなかった、バックの中で携帯の着信音が鳴ったからである。

女は慌ててバックの中をまさぐった、手にした携帯は先程の物とは違っていた。

 

女は液晶画面の表示で相手を確認するとその携帯を耳に当てた。

「はい…、そう私です。早速連絡を頂き恐縮ですわ。」

女は人が変わったように嬉しそうに答えていた。

「そうですか!来週なら私も時間を合わせられます。…金曜日でよろしいですか?」

待ち合わせの約束をしているようであったが、さりげなく水曜と木曜日を避けているのが解った。

「ええ、迎えはこちらから出しますのでご心配なく。では来週金曜日、13時にお待ちしております。」

そう言って、携帯を切るともうひとつの携帯に手を伸ばした。

 

「ズドラースト・ヴィーチェ…ヴォッフ。」

 

「はーい、リタさん!お疲れさま!どお、ダンナさんは優しかったですか?」

ヴォッフと呼ばれた電話の相手は、ロシア語訛りの日本語で答えていた。

「…ご免なさいちょっと急なミーティングが入ったの。 今日は、このまま直帰しても構わない?」

「うーん、貴女の顔を見られないのは寂しいね。でも仕方ないね。気をつけてね。」

「スパシーヴォ。ダ・ザフートラ、ヴォッフ。」

「ダ・ザフートラ、リタ。」

女は相手が切るのを待って自分の携帯を閉じた。

「悪いわね、事務所には今話がついたわ。空港へ向かって頂戴。」

「はい、判りました。成田ですね。」

運転手の男はそう言うと、ハンドルを右に切った。

ここからは30分程の距離である。女は仮眠を取るのを諦めてノートPCを取り出しキーボードを叩き出した。

女の頭脳は既にもうひとつの彼女の日常に立ち返っているようであった。

 

「相変わらず、リタには甘いのね。ヴォッフ。」

「ヴォッフと呼ぶな!ニーナ!!」

大柄な体躯と少し赤み掛かった鷲鼻を持つ男はそう言って、デスクの前に座っている女を睨んだ。

“ヴォッフ”はこの男のニックネームで有り、その由来は昔のコードネームから来ていた。

それ故この男はその名に誇りとこだわりを持ち、そう呼べる人間を峻別していた。

「なんでよ?リタにはそう呼ばせて、私…いえ私達にはそう呼ばせないの?」

ニーナと呼ばれた女はリタが優遇されている事に、納得が行かない様子であった。

ヴォロフスキーは自分のディスクの上に置かれたフルーツ皿から、リンゴを掴み上げた。

 

「俺は、お前たちのボスだ。」

ヴォロフスキーは椅子に腰を降ろすと大振りのナイフを取り出し、リンゴの皮を剥きながらそう言った。

「じゃ、リタはどうなの?たかが金払いの良いパトロンをくわえ込んでる…。」

そう言いかけたニーナの目にリンゴが飛んで来るのが映った。

ヴォロフスキーが剥いていたリンゴである。

リンゴは彼女の頬をかすめると、すぐ後ろの壁に突き刺さった。

良く見ればリンゴにはナイフの切っ先が貫いていた。

ヴォロフスキーの手にはナイフの柄だけが握られていた。

スペツナズナイフ…。かつてロシアの特務部隊が装備していた特殊な戦闘用ナイフである。

切っ先を火薬で数十メートル飛ばす事ができた。

ヴォロフスキーの愛用の武器でもあった。

 

「それでも食って、静かにしていろ。次は直接打ち込むぞ。」

ニーナは目を大きく開き、唇を震わせてまんじりとも出来なかった。

「あらあら、これはどうしたこと?」

大きな手振りをしながら、年配の女性が入ってきた。

震えて固まっているニーナと壁に突き刺さったリンゴを一瞥すると男を睨み付けた。

「ヴォッフ!!いつまでこんなオモチャを持っているの!!とっとと捨てなさい!」

「勘弁してくれ、ターニャ。こいつは結構便利なんだ、リンゴも剥けるし…。」

「人を消せる…。いつまで工作員のつもりなの?カタギのシャッチョーさんはこんな物持っていないわよ。

ヴォロフスキーは溜息をつくと椅子から立ち上がり、ニーナに近寄った。

 

「お前も口の効き方を考えろ。育ちが良く見えれば良いパトロンを付けてやるのに。」

そう彼女に囁きながら、壁に突き刺さっている切っ先をリンゴごと柄に戻した。

「器量は良いんだからな。」

そう言われてニーナは只小さく頷くだけであった。

ヴォロフスキーはターニャに彼女を託し、自分の事務所を出て行こうとした。

「どちらへ?又あのBAR?」

「ああ、ナナヨン。日課だからな。」

そう言って彼は思いだしたように振り向いた。

「そうだ、忘れていた。明日昼3時、朝霞へ4人ほど見繕って行ってくれ。」

「朝霞?…」

「ああ、新人が入ってきたそうだ。“研修”に適した人材を所望だ。」

「じゃあ、若い娘達が良いわね。ニーナ、大丈夫?行けそう?」

ニーナは落ち着きを取り戻したかの様に、今度はゆっくりと頷いた。

「そう、良い娘ね。…後はシルヴィアとマリー…それに」

「君だ、ターニャ。」

ターニャは驚いた。

「私?こんなおばさんが行ってもしょうが無いでしょう。」

「ご指名なんだ。ターニャ。」

「あの中隊長さんね…。困った人だわ。」

「ターニャ。彼は結構本気の様だ、ここらで足を洗ってはどうだい?」

「冗談でしょ、こんな商売やってて普通の結婚が出来るわけないでしょう。」

ターニャはそう力無く答えた。

「タウリンチ・ターニャ…。」

「こんな時だけ、同志って呼ぶのね。」

「とにかく、考えておいてくれ…頼んだよ。」

ヴォロフスキーはそれだけを言うと扉を急いで閉めた。

「…ずるい人。」

ターニャの呟きは彼の耳には届かなかった。

 

事務所を出たヴォロフスキーは、下に降りる為エレベーターホールにいた。

彼の事務所は六本木の高層複合商業ビルの一角に構えていたのである。

折り悪く定期点検が実施され、6基の内2基のエレベーターが使用不可であった。

その為か今日に限って下りの箱が来るまで暫く待たねばならなかった。

ヴォロフスキーはホールの窓から何気なく外の景色に目をやった。

そこには、絶え間なく吐き出した自身の熱で微妙に歪むビル群が映っていたのであった。

                  BACK   NEXT

        *トップページへ