15【フィッシィング】

 

 ロサンゼルス級潜水艦“サウザンド”の艦長レイモンドは、久々に興奮していた。

この胸の高鳴りはハワイ沖で政治家のご機嫌取りのための遊覧航行担当では、とうてい味わえる物では無かった。

彼の艦は1時間ほど前から巨大なアンノンを捉え、追尾することに成功していたのである。

これでこそ、母国アメリカから遠く離れこの太平洋の海底で、哨戒任務に就いていた甲斐があると言うものだ。

だがレイモンドは一応落ち着いた口調でこう言った。

「深度そのまま、速力30ノットまで上げろ。振り切られるな。」

「深度500、速力30ノット。ソナー見失うな。」

間髪を入れず副長のアランが各員へ伝達した。

艦は静かに速度を上げ前方の目標に向かって距離を縮めて行った。

「ターゲットとの距離140フィート。目標深度450。」

「エコー探査、開始。照射3秒。照射後直ちにターゲットの直後に着けろ、速力25」

「アイサー。」

サウザンドの艦首から、探査用の音波が扇状に照射され前方のアンノンを捉えた。

艦は直ちに深度を上げ、目標の真後ろ100フィートに位置を変える。

アンノン自身の巻き起こす水流の中に身を潜め、こちらの存在を隠すためである。

もちろん探査用の音波はクジラの声に似せた波長で、相手に気付かれる恐れは無かった。

やがて、発令所のディスプレイには徐々に目標の姿が浮かび上がってきた。

「こいつは…。」

レイモンドは少し困惑した。

「ロブスター…ですね。」

副長のアランが静かに言った。

コンピュータが探査エコーを解析して描き出したその姿は、正に巨大な鋏を持ったエビの姿であった。

 

全長250m、最大幅35m、推定排水量7万トンのデーターが表示されたディスプレイを前にレイモンドは呟いた。

「兄貴が見たら、卒倒するな…。」

「はぁ?」

「いや、何でもない」

彼の長兄がサンフランシスコで、シーフードのレストランをしている事など、この艦の乗組員は知る由も無かった。

「それにしてもでかいな。…あのヤマトと同じ超弩級クラスか…。」

しかもその巨体は20ノット以上のスピードで海中を突き進んでいるのである。

もっとも最高速力がいかほどの物か、未だ想像すら出来ずにいた。

「方位は?」

「変わらず、0−0−0で進行中。」

「到達地点は?」

発令所の後方にある海図台で、予想進路を作図していた士官が答えた。

「アジア…極東地域。中国か日本です。」

「通信ブイ射出用意!データーの入力出来次第、ノーフォークに送れ。」

サウザンドの上部甲板から1基のブイが打ち出された。ブイは海面に達するとアンテナを展開し、

ヴァージニア州ノーフォークに有る海洋艦隊監視センター(FOSIC)に向けて、アンノンのデーターを

送信した。

やがて役目の終えた通信ブイは小さな爆発音を残して、波間に消えて行ったのであった。

このシステムのお陰で、アメリカの原潜は海面下に浮上することなく通信を送る事が出来るようになり、

哨戒任務を速やかに継続する事が容易になったのである。

もっとも、受信する場合にはフローディングアンテナが届く深度まで、浮上しなければならなかったが…。

「次の定時連絡までには、もう少し詳細なデーターが得られると良いのだがな。」

通常、潜水艦はその任務上、連絡を取り合うには決められた時間以外行わない。

浮上する必要はなくても、深海から無闇に海面下へ昇る事は敵に発見される恐れが有るからである。

先刻の通信ブイは本来緊急時の非常手段にすぎなかった。

サウザンドは静かに、あくまでも静かにアンノンを追尾して行った。

 

FOSICの偵察情報部ウィッチ少佐は当直明けの眠い目を濃いコーヒーで覚ましながら、正面の巨大な

モニターを見つめていた。

そこにはこれまた巨大な海図が映し出されており、アメリカ海軍の艦艇が今どこにいるのか刻々と表示していた。

本来なら、此処にはもう一つの艦艇群が赤色で表示されているはずであった。

しかしペレストロイカ以降、冷戦が終結し巨大な社会主義国家が崩壊すると、その色は自国の港を彩っているだけであった。

世界で唯一の超大国となったアメリカの海軍は文字通り七つの海の支配者となったのである。

ただ、気を付けなければならないのは、狡猾に経済体制だけを自由主義国家に倣い、驚異の経済発展を

続ける大陸の国家の艦艇群の動きと、今なお38度線で睨み合う半島の独裁国家が悪戯さをせぬよう

監視を怠らないことであった。

そんな彼の元に一つの緊急連絡が届いたのは、二杯目のモーニングコーヒーを口にした時である。

『アンノンに接敵…。』

そのデーターは直ちにモニターに映し出されオレンジ色の点滅とけたたましい警報音が鳴り響いた。

ウィッチ少佐はもう少しで、自分のデスクをコーヒーの海にするところであった。

「アンノン…ムウの“侵略体”か?」

少佐の眠気は一挙に覚め、モニターに映し出されたデーターを凝視した。

「まずい!極東への直撃コースだ。」

彼は即座に国防総省への回線を開くように指示した。

 

「諸君待たせたね。」

アメリカ合衆国大統領、ハードナーは溜まっていた書類に目を通し、一通りサインを終えると彼のスタッフが

待ち受けている一室にそう言って入って来た。

そこには、国務総省長官を始め彼の側近中の側近達が集っていた。

いわゆる、ホワイトハウス・マフィアの面々である。

「さて、始めようか。」

大統領は中央の席に付くとおもむろにテーブルに並べられた皿から、クラブサンドを掴み頬ばり始めた。

それを合図のように、側近達も自分の前に置かれている食べ物に手を付けた。

多忙を極めるこの国のプレジデントはまず、健康で有らねば成らない。

彼にとって、早朝のジョギングやサイクリングをこなし健康を誇示する事は、立派な職務の一つである。

その早朝のスケジュールをこなした後、執務室で昨晩から溜まった書類を処理しようやく食事にありつけるのであった。

つまり、ハードナーに取ってこのミーティングが遅いモーニングのひと時でもある。それ故彼の食欲は旺盛であった。

「プレジデント、今朝もお元気そうでなによりです。」

その食べっぷりに副大統領のケインズが感心したように言った。

「ふん、たまには君たちの顔を見ないで、ゆっくりとモーニングを楽しみたいものだよ。」

「それはお気の毒ですな、少なくとも後3年は我慢していただか無いと。」

「まったく…このメンバーを選ぶとき全部ミズ・マーベラーの様な女性にしておくのだったよ。」

副大統領の言葉にハードナーはいつもの悪態をついた。

「その場合、ファーストレディも忘れずにメンバーにしておくことを、進言いたしますわ。」

女性でありながら国防総省長官を務めるマーベラーが口を開いた。

「プレジデントの家庭の平和は、世界の平和を左右しかねませんからね。」

ハードナーは急に食欲が無くなったのか、ナプキンで口の周りを拭くとコーヒーを飲み干した。

 

「ミズ・マーベラー。有意義な意見有り難く聞いておくよ。」

「ところで、君からは何か緊急な報告があると聞いているが。まさか我がファーストレディに関わる事じゃ、

あるまいね。」

大統領のカップには新しいコーヒーが注がれていた。

「とんでも有りません。しかし厄介な事態であることには変わらないかも知れませんが。」

ハードナーの恐妻家振りはつとに有名であった。

この時代、民主主義の盟主を謳いながらその政治体制は、アメリカン貴族と言われ代々政治家を送り出した名家達が実質取り仕切っていたのである。

新進気鋭の政治家であったハードナーが、大統領にまで登り詰められたのはそんな名家の一つであるハワード家の女性と結婚し、その門閥に加えられたお陰であった。

結果、彼はその女性には頭が上がらず、彼女はいつの間にか閣僚人事にまで口を出し始めホワイトハウスの女主人と言われていたのである。

ただ、その事実は巧妙に装飾され、恐妻家という一面は強調されていたがそれは思惑通りに女性の支持者を増やしていた。

勿論、彼女の出過ぎた振る舞いは国民に知らされる事は無かった。

それ故、彼女の名前がスタッフから出る度に、ハードナーは胃に痛みを感じ始めていたのである。

 

「厄介な事?」

「今朝ほど、太平洋の哨戒海域でノーフォークのフイッシャーマンが大物をヒットしました。」

マーベラーがそう言うと、各自の前に液晶のディスプレイがせり上がってきた。

「ほう…これは?」

そこにはサウザンドが送ってきたデーターが表示され、アンノンの姿がシルエットで映し出されていた。

「確かにこいつは大物だ。」

「だが、煮ても焼いても食えそうにないな。」

大統領は苦々しくそう言うと、ナプキンをテーブルの上に放り投げた。

「このアンノンは“ムウ”の侵略体と認められ、以降“ボギー1”と仮称致します。」

「は、芸の無い名前だ。パウラ、早々に良い呼び名を付けてやれ。」

ハードナーは補佐官のパウラにそう命じた。

「で、こいつの何が問題なのかね。確かに釣り上げるには少々手を焼きそうだが。」

「ボギー1は現在太平洋の海底、深度450を極東海域に向かっています。その速力約25ノット。」

「極東海域?」

「FOSICでは、中国か日本への接近を予想しています。」

「なんだと?」

中国はともかく日本は仮にもアメリカの同盟国であり、米軍の大事な補給基地でもあった。

「ならば、早急に日本に警告を出したまえ。…この件は国連には?」

「既に報告済みで有ります。」

国務総省の長官アーレンが答えた。

「そうか、では既にこの情報は日本も伝わっている訳だな。」

「伝わった所で、あの国に“ボギー1”を処理出来る能力が有るとお思いですか?」

ハードナーが迂闊に漏らした不用意な言葉尻を掴まえて、マーベラーが興奮して言った。

「あの国の領海内に入れば、“ボギー1”への攻撃は彼らに委ねられます。」

「当然だろうな。」

「我が国と日本は日米安全保障条約で結ばれております。よって日本が交戦状態になれば、

日本に駐留している我が国の軍隊も日本に協力する事に成りかね無いのですよ。」

「まぁ、『思いやり予算』も貰っていることだし、いたしかた有るまい。」

大統領はデザートのアイスクリームを口に運びながらそう答えた。

 

「日本は未だに“ネオ・アカデミー”との提携を結んでおりません。」

アーレンが堪りかねた様に言った。

「“ネオ・アカデミー”と未だ提携していない…だと?。」

さすがにハードナーも事の重要性に気付き、背筋に冷たい物を覚えた。

勿論それは、口に運んでいたアイスクリームのせいでは無かった。

「そうです、その為我が軍はETSSを装備した、“タイガー・シャーク”部隊を出すことが出来ないのです。」

「シット!それは、通常兵器でしか戦えんと言うことか…。」

大統領の頭の中には、“ネオ・アカデミー”と取り交わした契約書の第23条第15項及び追記を思い出さずにはいられなかった。

-------第23条第15項:この契約により、技術提携を結んだ者はいかなる理由があろうとも、第三者にこの技術提携による利益を提供しては成らない。云々-----

~~~追記:この場合第三者とは、当アカデミーと提携を結ばない者を言う。~~~~.

                  BACK   NEXT

        *トップページへ