16【シグナル・イエロー】

 

 袴田と仁科が無理矢理その胃袋にキングバーガーを納めてから、既に20時間以上が経とうとしていた。

だが、あと数時間の待機時間が、二人にはまるで永遠に落ち続ける砂時計を見ている様であった。

「コーヒーでも飲むか?」

袴田が仁科に訊いた。

「…いや、もういい」

この一日でそのやり取りが幾度繰り返されたのか、彼らには思い出すことすら出来なかった。

「どうした?新人!最初の意気込みは何処へやった?」

先任曹長の岡島であった。

「……!」

二人はそれでも立ち上がり直立不動の姿勢をとっていた。もはや訓練で叩き込まれた所作だけが

無意識に反応していた。

「待つだけが、こんなに辛いとは思わなかったろう?」

「はっ、申し訳有りません…。」

「まぁ、後2、3回待機勤務すれば慣れてくるさ。」

そう言って二人に小さな紙包みを渡した。中には黒っぽい塊が入っていた。

「黒砂糖だ。囓って見ろ、元気が出るぞ。」

言われるまま、袴田と仁科はその塊を口に放り込んだ。

黒砂糖独特の素朴であるがコクのある甘味が広がり、体中の緊張感がほぐされて行くようであった。

「疲れた時は甘い物に限るな。」

岡島は二人の肩に手を置いて言った。

袴田達は思わず笑みをこぼした。その時だった。

 

ヴィー!ヴィー!ヴィー!!

けたたましい警報と共に警告灯が点滅を始めた。

所内にいる全隊員が自分達の近くにあるその警告灯に見入った、勿論岡島と新人の彼らも例外では無かった。

袴田達は思わず自分の小銃に手を伸ばし、出口に走り出そうとした。

外には輸送用ヘリがいつでも飛び立てる様、アイドリングしているはずである。

「待て!慌てるな!!」

岡島の一喝で仁科が振り返った。その時、彼の目には警告灯の光が入ってきた。

その光は、出動を意味する赤色灯では無かった。

「黄色の警告ランプ?」

激しく点滅を続けているのは、三色の警告ランプの真中、イエローランプであった。

「出動では、無いのですか?」

袴田は正直半ばホッとしていた。

「ああ、だがこいつはある意味、出動した方が良かったと思うぞ。」

岡島のその言葉に二人はとまどうだけであった。

 

「状況を確認するまで各自“5分待機”!」

中隊長である近藤の声が室内に響いた。

室内の情景は一変し、誰もが装備を付けると中央のモニターを黙って睨み付けた。

“5分待機”…元は航空自衛隊のスクランブル要員の待機態勢の事である。

彼らは、領空侵犯の警報を受けると直ちに迎撃に向かわねば成らない。

その際彼らがアラートから愛機に搭乗し緊急発進するまでの所用時間が5分しか無いことから

こう呼ばれているのである。

則ち、東部方面特殊部隊・第三中隊はこれよりレッド・アラームの際にはこの待機所を飛び出し、

外に駐機している輸送ヘリに飛び乗る。ヘリの脚が地上から離れるまで5分しか無いスクランブル態勢に

入ったことを意味した。

ぼやぼやしていれば容赦なく取り残されるのである。

やがてモニターに幾つかの映像が映し出され、スピーカーから情報が流され始めた。

 

『市ヶ谷中央指揮所より通達!』

『本日未明、アメリカ太平洋艦隊所属の原子力潜水艦がアンノンに接敵、現在も追尾中。』

『アンノンはムウの侵略体と確認。グアム島沖200海里から極東地域へ向けて進行中。』

『最終目的地は未確認なれど、日本本土への上陸の可能性有り。関係各部は留意されたし。』

 

「太平洋グアム島沖だと?」

「こりゃ、海自さんの出番だな。」

室内のあちらこちらから、そんな声が上がっていた。

「どう、思う岡島?」

近藤は先任曹長に意見を求めた。

「まぁ、奴っこさんの速力が25ノット程度ですから、本土まで来るのにまだ時間があります。

それに、米軍がこのまま黙っているとも思えませんね。」

「そうだな、アメリカさんも日本領海内では文字通りの“虎の子”も出せんからな。

 それまでに何か手を打って来るだろう。」

近藤は館内電話をスピーカーモードにして握ると、こう指示を出した。

「“5分待機”解除。通常待機へ戻れ、但し延長態勢の可能性が有る、各自そのつもりでいろ!」

「延長態勢…?」

仁科は嫌な予感がした。

「イエローシグナルが解除されない限り、俺たちはこのまま待機を続ける。

 どっちに祈ったか知れんが、あまり御利益が無かったな。ご両人。」

袴田達の24時間はまだまだ終わりそうに無かった。

 

「ノーフォークからの通信、受信完了しました。」

「フローティングアンテナ収納!潜舵下げ角20、深度450、速力40ノット。」

サウザンドは定時連絡のためアンテナ深度100を航行していたが、直ちにアンノンの追尾を再開した。

艦のソナーは依然としてその水流音を捉えており、見失う恐れはなかった。

「約15分で所定の位置に着けます。」

副長のアランがそう報告すると、艦長のレイモンドは満足そうに頷いた。

やがて、通信士が先程受信した暗号文を平文に訳したペーパーを持ってきた。

「…ふん、ご苦労なことだ。」

そのペーパーに目を通すとレイモンドは呟いた。

「何ですか?艦長。」

「読んでみるか。」

「はっ、『ノーフォーク海洋艦隊監視センター発、原子力潜水艦サウザンド、レイモンド艦長宛。』」

『貴艦の勇敢なる任務の遂行に対し、深く敬意を表す。貴艦が追尾中のアンノンはネオ・アカデミー、

 “安全管理部”よりムウの“侵略体”と確認、国防総省より“ボギー1”と認証。以後通称“イセ”と呼称する。』

「…何ですか、これ?」

「ハリウッドやトイメーカーに権利関係をハッキリさせておくつもりなんだろう。」

「それにしても、“イセ”とは?」

「ペンタゴンのスタッフに日本料理店の息子でもいるんだろな…。」

「はぁ…?」

アランは得心がいかない様であった。彼は日本でのロブスターの呼び名を知らなかったのである。

「もっとも問題はその後だ。」

『イセに対し、我が太平洋艦隊は洋上戦闘を決定し、戦闘海域をバハロス島沖に設定。

 貴艦は、引き続き追尾及びデーター収集の継続を命じる。戦闘海域ポイントDは…』

「洋上戦闘?こりゃ又急ですね。」

「ハバロス島沖とは言え、硫黄島の目と鼻の先だ、日本の領海に入る前に決着を付けるつもりだな。」

既に、グアムの空母エンタープライズUを麾下とした戦闘艦群が出港準備に大わらわとなっていた。

いわゆる、世界最強と謳われる太平洋第七艦隊であった。

 

「他に選択出来るオプションは無かったのかね。」

洋上決戦を決定したとは言え、ハードナーは不安を拭い切れなかった。

「プレジデント。この海域は水深が200程度と浅く、水上攻撃力で叩くには最適な作戦海域です。」

国防総省長官マーベラーが海図を液晶ディスプレイに表示しながら、レクチャーを続けた。

「幸運な事に、我が第七艦隊がインド洋から訓練の為グアムに進出しておりました。

しかも“タイガーシャーク”部隊が、慣熟訓練のため硫黄島に駐留しており、作戦海域での合流も

容易に出来ます。」

「これ以上の条件は無いと思われますが。」

国務総省の長官アーレンが付け加えた。

「“タイガーシャーク”か…。だが、実際のところはどうなんだ?

 水上や水中作戦に対応出来る代物なのかね?」

「確かに、水中用装備一式は第一次配備で届いておりましたが、未だ対地攻撃の訓練が手一杯で、

 正直な所、ぶっつけ本番的なミッションでは有ります。」

レイモンド海軍准将が大統領の疑問にそう答えた。

「しかし、我が勇猛なる“タイガー・シャーク”の搭乗員は選りすぐられたエキスパート達です。

 必ずやプレジデントの御期待に添えるものと確信しております。」

愚直なまでの軍人気質。彼の言葉からはそれがほとばしり出ていた。

「…プレジデント。ネオ・アカデミーの代表代理とのホットラインが繋がりました。如何なさいますか?」

マーベラーは益々不安になっていくハードナーの為、ネオ・アカデミーとの連絡を取っていたのである。

「おお!そうか、すぐこちらに繋いでくれ。」

彼女は大統領のその言葉を聴く前に、既に回線を開いていた。

「ごきげん如何ですか、敬愛成る大統領閣下。」

液晶モニターからは若い女の姿と流暢な英語が飛び出してきた。

「あまり良いとは言えんが、君の声を聴いて少しは元気が出たようだよ。

 ミス・善樹、代表代理。」

                  BACK   NEXT

        *トップページへ