17【コーディネーター】

 

「そちらでは、大きな獲物をヒットしたそうで…心よりお喜び申し上げます。」

「…それは、新しいアメリカン・ジョークかね?それとも日本独特のヨイショかね?」

「勿論…ロシアン・ジョークですわ。プレジデント。」

「では、国家機密漏洩罪で貴女はシベリア送りだな。」

「おお恐い。でも幸いなるかな閣下は自由の国の盟主で有られます。

…せめてカリフォルニアにして頂けませんか?」

二人はまるで旧知の仲のような会話を始めた。

 

「相変わらず、耳が早いね君は。」

ようやく大統領は本題に入ろうとしていた。

「運良くニューヨークに来ていたもので、生の情報に触れられました。

それにしても、閣下のご決断の早さにはいつも敬服致しております。」

彼女には既に米軍の作戦内容が伝わっているようであった。

「だが、私としては出来れば洋上決戦避けたかったのだがね。」

「それでは、日本本土での地上戦をお望みで…。リスクが大きすぎます、避けられた方が賢明でしょう。」

「何故だね?“タイガーシャーク”の水中戦力には課題が多いと聴いている、

地上に上げて上空からの対地攻撃の方が、確実だと思うのだが。」

ハードナーは自分の考えを一気にまくし立てた。

「日本の領土内では、ETSSを未だ使う事は出来ません。それはプレジデントも御存知かと思いますが。」

善樹は少し事務的にそう答えた。

「…契約事項第23条第15項及び追記か…。まったく、日本政府の対応の遅さには毎度あきれてしまうが、どうかね、そこを何とか成らないものなのか?」

「大統領閣下…。」

「曲がりなりにも、貴女や代表の宮教授の母国を守りたくは無いのかね?」

「閣下のご配慮には感謝致します。ですが、我々の母国だからこそ契約を破って頂く訳には行かないのですよ。」

「それは何故だ?」

「我々は非政府団体:NGOとして活動しております。ここで自分の母国だけを特別扱いにするわけには参りません。全世界のあらゆる国家・政府に対して同等の条件で活動を行うことが唯一の存在意義であるのです。」

「しかし…」

なおも食い下がるハードナーに彼女は意外な言葉を投げかけた。

「もっとも、事前に告知されなければ我々としても黙認せざるを得なかったでしょうが。」

「なんだって?」

「“事後承諾”と言います。いわゆる日本の慣習ですね。」

大統領は一瞬あっけに取られたような顔をして、アーレンの方に目をやった。

この親日家と言われる国務省長官は、意味ありげに軽く頷いた。

「ご心配無く、プレジデント。この洋上作戦は上手く行きます。

当アカデミーとしましては、第七艦隊に協力する為、パンサー・ゼロを戦闘コーディネーターとして派遣させて頂きます。」

その言葉を聞いてハードナーの顔が明るくなった。

「パンサー・ゼロを?ではあの“シグマロイド・ネオ”を出してもらえるのかね?」

「勿論です、我々は提携先との信頼を裏切る事はございません。」

液晶ディスプレイの中の善樹はそう言って微笑んだ。

 

「マーベラー、定例会見でこの作戦を公表する、ついては作戦名を考えておいてくれ。」

「かしこまりました、プレジデント。」

すっかり自信を取り戻した大統領の言動に彼女は少し呆れながら、そう答えた。

彼にとって日本を守る事が第一義では無かった。彼の国の若者が無為に死んでいくことを避けたかった

だけである。

通常兵器とETSSの“タイガーシャーク”ではその生存率に大きな開きがあった。そこにアカデミーの守護神たる“シグマロイド・ネオ”が参戦してくれるのならば、当に鬼に金棒なのであった。

 

「よろしいのですか、善樹様?」

大統領とのホットラインを切った善樹に、秘書らしき女性が声を掛けた。

「仕方ないでしょう、今ここでアメリカ海軍を失う訳には行かないわ。」

「しかし、宮教授の許可はまだ…。チーム“熱帯魚”を出された方が。」

「彼女達には未だ実戦は無理よ。それにトオルの出撃に付いては、私が一任されています。

責任は私が持ちます。」

善樹の凛とした言葉に、その女性はそれ以上何も言えなくなった。

「心配しないで大丈夫、全て上手くいくわ。それにこうでもしなければ、日本はなにも変わらないのよ。」

「三田首相が、うまく法案をとりまとめられればいいんですが。」

「…。あおいさん、日本が劇的に変わるには風がいるのよ、それもなるだけ強い風が必要なのよ。」

「強い風?」

「そう、“外圧”という嵐がね…。」

善樹の言葉には明治維新以降、日本の変革の歴史が著されているかの様であった。

                  BACK   NEXT

         *トップページへ