21【フライング・フイッシュ】

 

ドドッ…ドォォオ!!

 

サウザンドの艦首の真下で12基の魚雷が一斉に爆発を起こした。

その爆発音が艦内に響き渡り、すぐさま海底から突き上げる様な衝撃がサウザンドを襲った。

海中での爆圧は下方より上方へと抜けていく。

それ故サブマリーナ達は、攻撃を受けると爆雷や魚雷に関わらず深く潜航し、艦の上部にてやりすごす

ことが定石であった。

だが今回は、あえて艦の下方で爆圧を受けたのである。

一歩間違えれば、艦は真っ二つに折れる恐れがあった。

だが、超高張力鋼の艦体はそれに耐え、爆圧を受け止める事に成功した。

 

「深度980・・・960…940!!浮力が戻りました。!」

「よし!このまま海面まで突っ走れ!!」

激しい衝撃でミキサー状態にある艦内で、必死でその衝撃に耐えながらレイモンドは怒鳴っていた。

 

「サウザンド浮上し始めました。現在深度900!」

マリン・ベースの艦橋で大島はソナー室からの報告に頷いた。

「悪運の強い艦ね。あのホット・キッスを受け止めるとは…。」

「そりゃ…受け止められる様に撃った訳ですから。」

副長の声に対し大島は独り言の様にこう言い放った。

「織絵、戦場じゃアクシデントは付き物なのよ。」

大島の顔は笑っていたが目が笑っていないのを彼女は見逃さなかった。

「サウザンド浮上速度上がります。深度870、840、800…毎分100の上昇!!」

「浮上地点の割り出し急げ!」

「予測ポイント、1時方向へ10度修正、浮上速度加速!あと6分で浮上します。」

「パンサー・ゼロへ修正データー送信!上部甲板火器、リンク開始。援護忘れるな!!」

大島の矢継ぎ早の指示にクルー達は寸分の狂いもなく反応していく。

 

「艦長!このままだと海面から飛び出してしまいます。」

操舵員の士官が叫んだ。

メインタンクから海水を全て吐き出したサウザンドに、この浮上速度をコントロールする事は出来なかった。

「構わん!宇宙にまで飛び出す訳じゃ無い。速度そのまま目一杯で行け!!」

「ア…アイサー。」

艦の傾斜は既に海面向かって25度以上の仰角で上昇している。操舵員達はまるで航空機を操縦して

いるかの様に、見えない筈の空を見上げて、操縦桿を握りしめていた。

「浮上まであと20秒!」

副長のアランがそう伝える。

やがて海面にその艦影が映りだしたと同時に、上空に待機していたネオ・ベースは翼を翻し急降下を

開始した。

 

「ネオ・ベース変型開始!」

「CIC!状況を報告!」

「現在、作戦空域並びに海域に敵の反応は無し!」

「了解!今が一番ヤバイ時よ、よく見張っててよ。」

「変型率50・・65…・80%!」

肉眼で確認できるほどの高度に達した時、既にその姿は巨大な人型へと変貌しつつあった。

「サウザンド浮上まで10秒!」

「ネオ・ベース、変型率90・97…100%!!」

「シグマロイド・ネオ、変型完了」

「サウザンド!浮上!!」

その時まさしく海面が大きく盛り上がったかと思うと、その水柱を割って原潜の真っ黒な艦首が飛び出してきたのである。

 

ズザ・ザザッパーン!!

 

サウザンドの艦体は上部甲板に自分より大きなアンナノンを乗せながら、今にも大空へ飛翔する勢いであった。

その瞬間、上空から人型に変型し終えたシグマロイド・ネオが降ってきた。

 

ゴン!ガガガッ…ギギギィーギ!!…!!

 

サウザンドの艦体は大きな衝撃に見舞われ、金属と金属の擦れ合う言い様のない音響に包まれていった。

後方に反り返りそうになった艦は辛うじて態勢を保ち、海面に対して降下し始めた。

「着水するぞ!バランスを崩すな!!」

潜水艦にとって最も恐ろしいのは横転、転覆である。

予備浮力の小さな潜水艦とって、それは直ちに沈没する事を意味していた。

やがてサウザンドは大きな水しぶきを上げながらその船底を、有るべき所へと戻して行った。

 

ドッツパーーン…ザザザー…

 

やがて水柱が収まった時、艦はその姿を波間に漂わせる事に成功していた。

「セイルに上がる!艦内気圧放出!!」

ようやくミキサー状態から解放されたレイモンドは発令所のタラップに手を掛けた。

その傍らを、一足早く甲板士官が昇って行く。

艦内の気圧が下がった事を確認すると、セイルに続くハッチのハンドルを素早く回した。

先刻まで1,000mの深海にいた艦である、気圧をそのままにしていればハンドルを回した途端

彼はハッチごと上空へ吹っ飛ばされていたに違いなかった。

 

プシュー!!

 

ハッチが開き新鮮な空気が艦内に吹き込んできた。

通常艦と違い原潜はその有り余る電力によって、海水から空気を造り出すことが出来る。

とはいえやはり、大自然の大気の味は格別であった。

先行の甲板士官がセイルに飛び出し、浮上した海域を肉眼と双眼鏡で確認し始めた。

その後に続いたレイモンドは自分の艦の後部甲板を見て驚いた。

「こりゃ又派手にやられたな…。」

彼の目には深度1,000mの深海にも耐える堅固な外殻の至るところが裂け、中には一部剥離さえ

している現状が映った。

 

「なにをしでかしたの!ゼロは?」

「ラリアット…いや、フライングネックブリーカーかな。」

モニターで先程の映像をチェックしていたCICの宮島は艦長に聞こえる様に呟いた。

リピートされた映像には人型に変型完了したネオが、右マニュピレーターの第二関節を直角に曲げ

イセの頭部に自由落下のエネルギーを利用して、打撃を加えているのが鮮明に映し出されていた。

「いえ、これはアックスボンバーですね。」

大島の傍らでモニターを見ていた一人の女性オペレーターが、そう訂正した。

大島は宮島と彼女のプロフィールを思い出していた。

彼女のそれには“趣味:女子プロ”と有ったのを思い出し、宮島のプロフィールにはそれが“特技”の欄に記入されていたことも思い出した。

結果、大島はその件に関して異論を唱えるのを思いとどまったのである。

「それにしても、他にいくらでも方法は有ったでしょうに…。」

「攻撃用火器は売るほど持ってる筈ですもんね。」

艦長の独り言に、オペレーターが混ぜっかえし、

「あれしか無いだろう、サウザンドとイセを引っ剥がすのにはな。」

宮島がそう応えた。

 

『艦長!第一居住区に浸水!まるでスコールです。』

「排水ポンプありったけ回せ!ダメージコントロール班は至急上部甲板に上がれ!」

「やれやれ、これじゃ野良猫に食い逃げされたサンマですね。」

副長のアランは呆れた様にそう言って、ダメージコントロール班の応急処置の作業を見ていた。

防水シートで大きく剥離した箇所を覆い、小さな亀裂にはコーキング剤を注入していく。

所詮、狭い潜水艦の甲板上である。出来ることは限られていた。

「ソナー室、海中の様子は判るか?」

「は、結構派手にやっているようです。」

彼の耳にはヘッドフォン通じて金属同士のぶつかり合う衝撃音が、確かに聞こえて来ていた。

やがて大きな爆発音とともに、次々と水柱が上がった。

そのお陰でアノンとネオの激闘が続いている事が、彼らにも理解する事が出来たのである。

「微速後進!この海域から離脱するぞ。」

そう命令するとレイモンドは、戦闘海域を凝視し続けていた。

「あんな連中のケンカに巻き込まれたら、たまったもんじゃないからな…。」

「当艦も一応最強のサブマリンだと思いますがね。」

アランは、自分の乗る艦がなにも出来ずに戦闘海域から離脱する事に不満を感じていた。

一時はシーウルフ級に主力艦の座を奪われそうになったものの、その建造費のバカ高さ故

シーウルフは3隻が配備されるに留まった。

その代替艦として期待されたヴァージニア級と共に、ロサンゼルス級は様々な改修を経てかろうじて

主力艦としての地位を確保していたのである。

「ああ、まっとうな原子力潜水艦さ。」

レイモンドはそんなアランを諭す様にこう言った。

「ただ怪獣退治は、任務外ってことさ。」

 

   22【サンダー・ストーム】

 

サウザンドは傷付いた船体をいたわる様に微速後進を続けていた。

しかし、艦長レイモンドの巧みな繰艦により上手く海流を捉え、予想より短時間で安全圏と思われる海域へと

脱出する事が出来たのである。

その時突然大きく海面が盛り上がった。

「な、なんだ!!」

副長のアランは自分の目を疑った。

その海面からイセの巨体が踊りでてきたのである。

「総員、艦内へ!」

しかし、サウザンドは潜水艦の命とも言える潜航能力が奪われたままである。

「発令所!ハープーンは使えるか?」

「3番、5番の2基ならなんとか!」

空中に飛び出してきたイセがこちらに向かって来ないとは限らない。

「3番、5番ハープーン発射用意!!」

レイモンドは艦橋から敵の姿を追い続けた。

だが、イセは彼らに襲いかかる訳でもなく、飛び出してきた空中に留まり続けているのである。

 

「何故動かない…?」

やがて彼らの疑問は驚愕へと変わっていった。

イセは動かないのでは無く、動けなかったのである。

イセの腹部には一条の光が貫いている。その光の形は巨大な銛なのである。

しかし本当の驚きは、その光の銛がイセを貫いて空中に留めていることが分かった時であった。

それはイセがその場の空間に縫いつけられているかの様であった。

 

「ネオ、胸部シグマ・ジェネレーター作動確認!」

CICからの報告にマリン・ベース艦長大島の顔色が変わった。

「ま、まさか?」

「サンダー・ストームを撃つ気です。」

「ばかな!この地球上で?」

「エネルギー、ジェネレーター流入開始!」

「サンダー・ストーム発射カウントダウン開始!」

「回頭…間に合わない、全速後進!!この海域から緊急離脱!!」

「機関全開!リバース!!」

マリン・ベースはそのエンジンの持てる力を振り絞り、ありったけの水流を前方に吐き出した。

やがてイセの飛び出した海面に徐々に渦が巻き始めるのを大島は認めた。

「全艦耐磁シールド展開!偏光シャッター降ろせ!」

「サウザンドはどうします?」

副長の織絵は大島にそう訊ねた。

「…サウザンド…」

彼女はそう呟き、小さく溜息をつくと織絵の肩に手を掛けてこう言った。

「祈ってやりなさい…。」

 

「シグマ・ジェネレーター臨界突破!解放確認、発射されます。」

その報告がCICの宮島から伝えられた時、渦を激しく撒いていた海域からまばゆい光が打ち出された。

打ち出された光は螺旋を描きながらイセに向かって伸びて行く。

 

ズドッ!!

 

その強力なエネルギーを秘めた光の渦はイセの腹部に大きな穴を穿って更に上空へと伸びていった。

「ハープーンは必要無かったな。」

レイモンドはその光景を目にした時、自分達の武器が水鉄砲ほどにしか感じられなくなっていた。

しかし、彼らの驚きは未だ終わらなかった。

イセを貫いた光はやがてその背後の空間で収束したかに見えた。

と、思う間もなくイセは竜巻に巻き込まれた家屋の様にバラバラに砕け散り上空へと舞い上がった。

やがてイセの破片は光が収束した空で消滅していったのである。

その有様はまるで、空間に穴が空きそこに吸い込まれているようであった。

無論、吸い込まれて行くのはイセの残骸だけでは無かった。

「艦長!艦が前進しています。」

その海域の海水もまたその空間に吸い上げられていくのである。

海面から幾本もの水柱が立ち上がり、渦を巻きながら上空へ昇って行くのであった。

「後進一杯!巻き込まれるな!!」

「艦長こいつはいったい?」

「解らん!まるでプールの栓が抜けたみたいだ!!」

アランの問いにそう応えるのが精一杯であった。

「空にプールの栓は無いでしょうに!?」

 

「疑似ブラックホール発生!座標軸固定完了。」

「アンノン・イセ、消滅確認。」

「ブラックホール維持継続!」

「ネオに中和を指示しなさい。このままじゃみんな宇宙に放り出されるわよ!」

大島の声が艦橋に響き渡った。

その声が届いたのか徐々に立ち上る水柱の数が減っていき、やがて海面は静かになっていった。

「疑似ブラックホール中和完了、消滅確認しました。」

 

「収まった様だな…。」

「なんとか助かりましたね。」

「ああ、あと数十秒あれが続いていたら、この艦も危なかったな。」

レイモンドはイセを飲み込んだ空間を見つめながらそう呟いた。

「どういった武器だったのでしょうか?」

アランは自分の知識では理解しがたい威力に只呆れるばかりであった。

「…艦内の電子機器が全部パーだ。恐らく強力な磁力でも使って空間に穴でも開けたんだろう。」

「空間に穴?…ブラックホール?そんな馬鹿な。」

「当然、特許ぐらい取ってるだろうがな。」

レイモンド達は今更ながら、ネオ・アカデミーの持つオーバーテクノロジーに恐怖を覚えていた。

 

「ネオ・ベース収納完了。」

フライトデッキからの連絡を聞いて、副長の織絵が大島に報告した。

「艦長。現地時間ヒトロクサンマル、状況終了。」

「織絵…何度言ったら解るのうちは民間なのよ。」

「あ、はいすみません。…え…、本日の現場作業終了しました。」

「はい、ご苦労様。それじゃ撤収しましょうか。」

「あの、サウザンドはあの状態で自走できるのですか?」

「ああ、近くの港まで曳航を申し出たんだけど断られたわ。」

織絵の問いに大島は肩をすぼめてそう答えた。

「好みじゃ無かったみたいね、私達じゃ。」

 

「良いんですか?せっかくの申し出を断ったりして。」

「馬鹿言えこれ以上、世話になれるか。」

「男のメンツって奴ですか。」

レイモンドはその言葉には応えず、離れていく艦影を見送っていた。

「しかし、なんとか終わりましたね。」

「アラン、『あの1匹が最後の1匹だとは思えない』…知ってるかこの言葉。」

「何ですか?それ。」

「知らんのか、有名なジャパニーズムービーのセリフだぞ。」

そう言うとレイモンドはシガレットケースからタバコを取り出すと、ゆっくりと火を付けた。

「それなら、私も一つ知ってますよ。」

アランはレイモンドの側に近寄ってこう言った。

「『こんなこともあろうかと…』」

その手にはいつの間にか冷えたバドワイザーが2本握られていたのであった。

 

 

[第1章:崩壊シンドローム]完。

                  BACK   *トップページへ     *第2章:葬送カーニバルへ