シグマロイド・ネオ            *トップページへ


 第2章:葬送カーニバル

   1【フライングハイ】

 

 依田は珍しく非番のその日、都心に向けて車を走らせていた。

いつもは非番であっても、官舎から出る事はあまりなかった。

いつ何時召集が掛かるか解らなかったからである。

しかしこの非番の前日、副官である滝田一尉に万一の事を想定した対応策を示し

久方振りに“遠出”をしたのであった。

「木更津にあれが着いらたしいので、視察も兼ねてくるよ。」

そう依田は言い訳がましく滝田に告げていた。

依田の車はもう10数年前に絶版となった、軽のスポーツカーでその筋の人間達には

カルト的な人気を誇っているモデルであった。

しかし、退役した友人から譲ってもらったその車の幌はすでに破れ、修理するには

多額の出費を強要していた。

それで幌は修理されず畳まれたまま、晴天日専用車となっていたのである。

車は週末の前日という条件では、いたって渋帯の少ない都内の道へと進んでいた。

朝霞の駐屯地から既に40分程経ち、ようやく目的地であるオフィスビルに辿り着こうとしていた。

そこは溜池山王の一角にある、高層ビルであった。

 

 彼はその地下駐車場に車を滑り込ませると、兼ねてから聞いていたスペースに車を停めた。

「しゃれた車に乗ってるじゃないか。」

車から降りる間もなくそう声がした。

声の主は今村であった。

「…あなたは何時も突然声を掛ける。それがあなたの趣味なのかと思いますよ。」

「そう言うな、この日が来るのを指折り待っていたんだ。」

軽く片目を瞑り今村はそう言った。

その様子を見ていた依田は、諦めた様に頭を振り車を降りたのである。

「さあ、行こうか。お姫様が待ってるぜ。」

二人は足早にエレベーターホールに向かって歩き出した。

「ときにおまえさん、支度金代わりに何を頼むか考えて来たのかい?」

「し、支度金代わり?」

依田は意外な問いかけに驚きを隠せなかった。

「あれ、言わなかったけ。」

今村は来たばかりのエレベーターに依田を促しながら続けた。

「うちに来ることになったら、なんでも欲しい物をねっだてみな」

「なんでも?」

「ああ、大概の物なら訊いてもらえるぜ。」

彼は行き先の釦を押してそう答えた。

「74式でも90式でもな…。」

 

二人を乗せたエレベーターはオフィスの入っているフロアーを越え、

やがて屋上まで登り詰めた。

依田は怪訝そうな顔をして訊ねた。

「オフィスはここじゃ無いのか?」

「ああ、本部のオフィスは今日は房総沖の筈さ。」

そう言って今村は屋上にあるヘリポートに案内するのだった。

AH-1S…かつて陸上自衛隊で対戦車ヘリの主力を務めたヘリコプターが

そこで二人を出迎えた。

「ちょっと狭いが暫くの間だ。辛抱しな。」

インカムを手渡しながら後席に依田を押し込んだ。

アイドリングの済んでいたAH-1Sはローターの回転を上げると難なくその身を

ヘリポートからビルの谷間に踊らせた。

今村はスティックとスロットルを器用に操ると機を東京湾に向けたのである。

眼下には東京の街並みが流れ、やがて海が見えてきた。

機は更に高度を上げ東京湾の上を突き進んだ。

「どうだ、まだまだ腕は落ちて無いだろう。」

今村がインカム越しに話し掛けて来た。

「AH-1S通称コブラ。こいつに民間仕様があるなんて。」

「アメリカ辺りではよくあることさ。」

依田の問いにそう今村は答えた。

「こいつがあなたの言っていた支度金なんですか?」

「ああ。冗談のつもりで言ってみたら、1週間でこいつが手元に届いた。

そりゃ、驚いたね。」

依田は今更ながらネオ・アカデミーの持つネットワークに脅威を感じた。

 

「ほれ、もう着くぞ。」

今村の声に促されて依田は前方の海面を見つめた。

穏やかな房総の海に豆粒の様な影を確認した。

と、思う間もなくその影はどんどん大きくなって行く。

「あれは、浮き島?」

しかし、只の浮島にしては様子がおかしかった。

「メガフロートか!」

全長4,000m全幅300mの巨大な人工物が彼の眼下に横たわっているのであった。

 

                  *トップページへ