2【オブザーバー】

    

     政府与党による国防会議は既に4時間を過ぎていた。依田は繰りかえされる不毛な論議と

   場違いな場所に出席させられた緊張感で、疲労が高まって行くのを感じていた。本来この手の

   会議に出席出来る自衛官は幕僚級幹部に限られていた。だが彼は4年前の新宿崩壊

   以来、度重なる侵略防衛戦に出動した経歴を買われ、オブザーバーとして出席を命ぜられた

   のであった。

    

   「デフコンΣ≠ヘあくまでも超法規手段の一つに過ぎません。今期国会にて、本当の有事に

   対する法案を通さねば、自衛隊は身動きが取れなくなります。」

   「有事立法改正は、野党の反対が必至だ。民意についてもまだ、そこまでのコンセンサスは得て

   いませんぞ。」

   「いや、民間の調査機関によると、国民の57%はもはや有事立法改正も止む無しとの結果が

   出ている。政府機関でもほぼ同程度の調査結果を得ておる。」

   「PKO法を拡大解釈する事で、当座は行けるんでは無いですか。」

   「集団自衛権の問題や、海外派兵の問題にも係わる重大な問題です。軽率な拡大解釈は

   それこそ、野党の攻撃材料になる。」

   「もうすぐ、総選挙が有る。へたに動いて選挙戦に不利になる事は、ご勘弁ですな・・・。」

 

    白熱した議論と言えば聞こえは良いが、内実は相変わらずの先送りを見越した空虚な議論で

   あった。いったい彼らにはこの会議の重要性をどれほど認識しているか、疑わしかった。

   「国連では既に、ネオ・アカデミー≠フ意に沿った決議案が米国の主導で、採決された。

   このままでは日本は又出遅れて、湾岸戦争の綴を踏む事になりかねまい。それでも良いのか!」

   さすがに、首相である三田が堪りかねて口を挟んだ。

    かつて湾岸戦争時、日本は平和憲法の手前自衛隊を出すことは出来ず、巨額の資金援助を

   拠出した。それにも係わらず、金は出すが汗と血は出さない≠ニ揶揄され、戦争終結時には当事

   国から感謝すらされなかったのである。そしてその後同時多発テロに対するアフガン攻撃の際には、

   テロ対策特別措置法を急遽制定してまで、自衛艦を派遣しようやく国際社会から(・・・と言っても

   主にアメリカから)の信頼を回復することができたのである。

    だが、ここで先の国連安全保障理事会において採決された全人類に脅威を与える侵略者に

   対する撲滅′議に対し、又躊躇するような事が有れば、アフガン・イラク戦争で築いた国際社会

   からの信頼を日本は再び失いかねない・・・三田はそれを恐れていた。

   湾岸戦争≠ヘ日本政府にとってトラウマと言ってよかった。しかしこの決議に対応する為には

   自衛隊法の抜本的な改正が必要であった。即ち集団自衛権と、交戦権を持った海外派兵の承認

   である。

    それは正に憲法9条の否定であり、改憲派にとってはまたとない好機であった。何故なら、この

   決議案が採決された以上、近々にアメリカを中心とした多国籍軍が、侵略者≠ニその協力者

   の拠点に対して、武力行使を行うことが決定されたのも同然であったからである。今更後方支援のみ

   の国際協力でお茶を濁す訳には行かなかった。なんと言っても日本国自体が侵略≠フ標的にされ  

   た当事国であり、これまでに多大な犠牲者を出していたのであった。

 

   「そもそも憲法9条は国家間の紛争を解決する手段として、軍事力の保持と交戦権を否定

   しているのである。きゃつらは我々地球人類全体に対する脅威であって、これに武力を行使

   する事は、この9条に反するとは思わんが。・・・いかがかです。」

    連立与党を組む青民党の福澤代表が、改憲派を牽制するかの様に口を開いた。現憲法上

   で自衛隊法を改正できれば、改憲論争を起こさなくとも済む。護憲を旗印にしている青民党と

   しては、これ以上民友党に遠慮している訳には行かなかった。

   「福澤先生のおっしゃることは、もっともだと思われます。そもそも現憲法制定時にはこの様な

   事態が起きるとは、想定されておりません。」

    三田はそのやりとりを待っていたかの様にこう切りだした。

   「官房長官。現憲法下において彼ら≠ェどう定義されるのか、国家として認定されるのか

   まったく別の代物なのか、それによってどう対応ができるのか至急検討してくれたまえ。」

   「はっ。解りました、おそらく国連が認めていない以上国家≠ニしては認定出来ないと

   思われます。」

    三田は護憲派とは言えなかったが、これ以上連立与党内で混乱を起こさぬよう現憲法下

   での対応に留めようとしていた。都合のよい憲法解釈は日本政府の十八番である。

 

   「待ってくれたまえ。首相の考えは解った、だが侵略者・・・ムウとかいうらしいが。そやつらの協力者に 

    はテロ集団のほかに、某国家が関与していると聞くがそれにはどう対応するつもりかね?」

    民友党幹事長、渡部であった。確かにアメリカが“新ならずもの国家”とよぶ某国が侵略者に対して

   協力しているとの未確認の情報が流れていた。もしそれが事実ならば、多国籍軍の攻撃目標に

   なるのは明らかである。だが相手が既成の国家であれば、自衛隊を出す訳にはいかない。・・・。

   そこが改憲派議員達の目の付けどころであった。

   「渡部先生、それはあくまでも噂にしか過ぎません。今大事な事は、わが国が国連の決議に対して

   どのような態度を表明するか、と言うことです。何も今すぐイージス艦を出せとは言っておりません。」

   “ショウザ・フラッグ”を文字どおりに訳す馬鹿は既に居るはずもなかった。

   ・・・・・議論がまた袋小路に入ろうとしていた。

 

   「現場では、どう思っているのかね?」

    渡部はこの時初めて、自衛隊の幕僚幹部に発言を促した。

   「はっ、この件に関しましてはそこにおります依田三佐から、具申いたします。」

    彼は、依田を一瞥しながらそう答えた。

   「依田・・三佐?」

   「彼は、東部方面特殊部隊の部隊長を務めておりますので。」

   「お・お。噂の“地球防衛軍”か。なるほどまさしく現場の声だな。」

 

    “地球防衛軍”・・・依田の率いる東部方面特殊部隊は“新宿崩壊”以後、首都圏の

   防衛を強化する為、3年前に編成された部隊であった。侵略体に対して真っ先に防衛線を張り、

   その侵攻を食い止めるのが主な任務である。各部隊のエキスパートを集めた部隊であり、

   それなりの戦果を挙げていたものの、兵器や人員の消耗が激しく、予算を通常の部隊より大幅に

   上回る為、皮肉を込めて一部の人間からそう呼ばれていたのであった。

   「東部方面特殊部隊所属、依田 悟、三等陸佐であります。」

    依田は席から立ち上がり、首相の三田に向い敬礼しながらそう名乗った。

   もちろん彼は、昨夜防衛庁の事務次官から、この時の為のレクチャーを受けていた。

   「我々は、与えられた任務を与えられた条件の下で遂行する事が責務と考えております。」

    まさしく模範回答そのものである。・・・が、

   「ただ一言お許しいただけますなら、申し上げたいことが有ります。」

    それは、幕僚たちにとっては思いもよらぬ言葉であった。

   「何だ、言ってみたまえ。」

    三田は彼らが止める間も無く、依田に発言を許した。

   「少なくとも自衛隊の車両を有事に際しましては、緊急指定車両と認めて頂きたいのです。」

    自衛隊の車両・・・兵員輸送車はおろか戦車に至るまでは、緊急車両の指定を受けていない。

   即ち、有事に際しても道路交通法を遵守する義務が有り其のため、依田の部隊が出動する際にも

   警察車両に先導を依頼し、最新の戦車は交差点ではウィンカーを点滅させて曲がる必要が有った。

    これがこの国の危機管理での有事に対する認識であった。

   「依田三佐!口を慎め!」

    彼を指名した幕僚が慌てて止めようとした。

   「かまわんよ。・・・なかなか正直な男だな君は。」

    渡部は、我が意を得たりと思え慇懃にこう続けた。

   「要は、今の憲法下では満足に戦えんということだな。」

    だが、依田が言いたかったことはそんな表面上の事では無かった。

   「いえ!私が申し上げたいことは、この戦いを政府の皆様がどうお考えになっているのかと、

   言うことで有ります。この侵略体との戦いは、まさに全地球人類の存亡を賭けた戦いであり、

   日本国一国の問題では無い、ましてや政争の具では無いと言うことを改めて認識して頂き

   たいのであります。」

   「そんなことは解っておる!」

    渡部の声には一変して怒気が含まれていた。

   「ならば、一刻も早く“ネオ・アカデミー”との提携を果たし、彼らの持つオーバーテクノロジーを

   導入して・・・」

   「いいかげんにせんか!たかがオブザーバーの分際で我々に意見するとは何事だ!

   貴様等はこちらに聞かれた事だけ答えてれば良いのだ。」

    自衛隊の幹部は例え幕僚級幹部といえども政府の会議においては誰もが一介のオブザーバー

   にしか過ぎなかった。ましてや、一部隊の部隊長が政府に対して自分の意見を述べるなど許される

   事では無かった。

   「貴重な意見、拝聴した。“ネオ・アカデミー”との事は、今後の検討課題としよう。」

    三田がそう言って依田を見つめた。

   「ご苦労だったな、依田三佐。」

   「もう良いぞ、依田。」

    首相の声を聞いて、自衛隊の幹部がそう依田に退席を促した。

   「・・・は。失礼いたします。」

    依田は敬礼をすると、自分の帽子を手にとって席を立った。

   「“ネオ・アカデミー”だと、あんなマンガ見たいな連中になんで、今更頭を下げにゃならん!」

    会議室を後にした依田の背中に、そんな渡部達の声が聞こえた。

 

    長い廊下を歩き、玄関口の車寄せに出た依田は今いた首相官邸を仰ぎ見た。

   「彼等がマンガなら、この中に居る連中は道化だ・・・。」

    一体ここに居る連中は、あの侵略体の巨体を間じかに見たことがあるのであろうか。

   あの、圧倒的な破壊力と防御力。それに現有兵器で立ち向かわねばならない部隊の

   事を少しでも顧みたことが・・・・。依田は絶望感に襲われながら歩きだした。車寄せには迎えの

   車が来ていたが、彼はそれを断った。依田は少し外の風に触れていたかったのだ。

   “ネオ・アカデミー”への提携がなぜこの国では認められ無いのか、彼には解ら無かった。

   いち早く彼らの技術を取り入れたアメリカや欧州各国では、“簡易変形支援システム”(ETSS)の

   実用化に成功し、侵略体との戦闘において、パイロット等の生存率が大幅に向上したのである。

    それに反し彼の部隊はいまだに多くの犠牲者を出し続けていた。その損耗率は驚くべき事に

   かつてのベトナム戦争時の米軍のそれを上回っていたのである。だが今の戦い方が続けばいずれ

   Dディを超えるかもしれない。・・・・依田は醒める事の無い悪夢に執りつかれているようであった。


                  BACK   NEXT

          *トップページへ