3【デフコンΣ】

    

    今村達が“デフコンΣ”の発令を上空で聞いた同時刻に、依田達中隊長以上は現場指揮所前に

   集合していた。そこで彼らは、奇妙な光景に目をやった。

    指揮所のテントの中では、二人のオペレーターがディスプレイにかじりつきそこに映し出される数字と

   記号の羅列を必死で解読していた。やがてすべての解読を終えると彼らはそれを部隊長に手渡した。

   部隊長はその2通の紙に目を通し、内容に相違が無いことを確認すると依田達に振り向いた。

   「状況を達する。!」

 

    依田達は直立不動の姿勢をとった。

   「01:00時“デフコンΣ”が発令された!これより我が部隊は、ここを10分後に撤収を完了し、

   半蔵門において第10空挺部隊と合流の後、“ガーディアン”の指揮の下、防衛戦にあたる。以上!」

    依田は一瞬我が耳を疑った。確かに“デフコンΣ”の概要は、彼ら幹部候補にも流れていた。しかし、

   それはあくまでも、首都防衛上の緊急避難措置として、超法規的な作戦である。という程度のもので

   あった。

   それでもその概要を知った時、有事立法もままならぬ時期によく国会が承認したものだと思い、現政府の

   先見性に、少しは感心したものだった。だが、実際にそれが発動されると、あろうことか部隊は政府の

   下を離れ、“ガーディアン”というネオ・アカデミーの防衛組織の指揮下におかれたのである。

   考えようによっては、危機管理能力に欠ける政府が、民間組織に防衛戦指揮を委託したということでは

   ないか。

   ・・・・それはまるで、古い土建屋の丸投げ体質を思い起こさせられ、依田は愕然とした。

 

   「車をこちらにも2台程まわせ!」

    依田達は指揮所前を駈け出し自分たちの持ち場に付いた。もはや新たに生存者を探し出す時間は

   無かった。現在救助作業中の生存者を運び出すのが、精一杯である。彼の部隊も一人の生存者を

   発見し、救助活動を行っているところであった。

    彼の足元には一人の少女が横たわっていた。彼女の体を覆って意いたビルの残骸はきれいに

   取り除かれてた。

   だが少女を助けだすことは、まだできなかった。少女の右足が、大きな鉄骨の下敷きになっていた

   からである。

    依田は2台の車のウィンチに鉄骨を巻きつけ、引き起こそうとしたがビクともしなかった。

   「中隊長!もう時間が有りません、乗って下さい。」

    一台の高機動車が、依田の前で止まり中から運転士が叫んだ。気がつけば現場指揮所の

   テントも既に無く、残っているのは彼らの部隊だけであった。

   「まだ時間はある!貴様も手を貸せ。」

   「・・・三上さん?・・登さんは何処・・・?」

 

    突然、少女が依田に声を掛けてきた。気を失っていたとばかり思っていた依田は一瞬驚いた。

   だが、すぐに笑い顔を作り少女に話しかけた。

   「大丈夫、すぐ助けるからな。もう少しの辛抱だ。」

   「私より・・登さんが近くにいるはずです。・・彼を助けて・・・。」

    まだ、生存者がいるかもしれない?・・・・。依田は素早く周囲を見渡した。

   「・・・!あれか?」

    依田は少女の足下の鉄骨の一部から、スニーカーを履いた足が出ているのを見つけた。

   一人の隊員がすぐさま鉄骨の下に潜り込んだ。やがて出てきた彼は、力無く首を振った。

   「大丈夫だ、彼は必ず見つけだす。今は自分が助かる事を考えるんだ。」

    依田はそう言うと、少女から一瞬目をそらした。だが彼女にはそれだけで、恋人の最期を知る

   には充分であった。やがて依田の耳に少女の小さな嗚咽が聞こえて来た。

    依田は自分の不器用さを呪った・・・。

 

   「中隊長!」

    隊員の一人が叫んだ。タイムリミットが近づいていた。

   「ありがとう・・・、もう・・行って下さい・・・。」

    少女は己が運命を悟ったかの様に言った。

 

   『もう・・行きなさい、悟・・・。』

    依田は15年前の阪神・淡路大震災の時を思い出していた。

   あの時も下敷きになった父と母を懸命に助け出そうとしていた。だが、

   小学生の彼にはどうすることもできなかった。

   火の手は容赦なく彼の家族に迫った。近所の人達と消防団が飛び込んできたときには、

   彼を助け出すのが精一杯であった。

   あの時もっと、自分に力があったなら、父と母を助けられたのかもしれなかった。・・・その思いが

  依田を自衛隊に導いたのであった。

   だが、今のこの状況はどうだ。今また、少女一人助け出せないでいる。彼はここで

  逃げ出す訳にはいかなかった。

  

   「医療班!!」

    依田は周囲を見回したが、彼らの姿は無かった。

   すでに代々木の避難所へ移動した後であった。

   彼は自分の腰にある携行缶の底をまさぐり一本のアンプルを取り出した。

   「もう一本いるな・・・」

   「おい、貴様のも出せ。」

    依田はそばに居た、若い隊士に声を掛けた。だがその隊士は怪訝そうな顔をしながら返答した。

   「いえ。自分は持っておりません。」

    当然である。本来その手の痛み止めは、医療班の医師か隊士にのみ取り扱いが許される代物

   である。

   実働部隊の彼が持っているはずは無かった。

 

   「これを・・・。」

    中年の隊士がアンプルを差し出した。

   依田の部隊の先任曹長である。ゴラン高原を始め、多くの海外援助や救援活動に出動した経験の

   持ち主であった。

    痛み止めの1・2本手元に置いておくのは、彼にとっては至極当然のことであった。

   無論、バレれば懲罰ものであるが、現場では何が起こるか分らない。

   医療班がいつも近くにいるとは限らないのである。

   所謂“戦場でのたしなみ”であった。

   震災を経験した依田にとっても、それが常識の範疇であった。

 

   「・・・すまん。」

    依田は彼の手からアンプルを掴むと、少女の傍らにしゃがみこんだ。

   曹長はその動きを見ると、高機動車両のドアを開けた。

   そこには、よく手入れされた斧が有った。

   この車の市販バージョンではお目にかかれないオプションである。

   若い隊士はこれから何が起こるかようやく理解した。が、なにも出来ず佇んでいるのが精一杯

   であった。

 

  「何を?・・・」

   少女は自分の腕を掴んだ依田に驚いて言った。

  「君、名前は?」

   依田は、不器用ながら微笑んでそう声を掛けた。

 

  「・・・絵理。海藤 絵理。」

  「そうか、良い名だ。自分は、依田 悟。

  陸上自衛隊の中隊長をやっている。」

   依田は自分の名前と、階級を少女に分かるように言った。

  「自分は、君を助けたい。ちょっと手荒いが我慢してくれ。

  後で、恨んでもらっても構わん。」

   そうして、彼女の腕にアンプルを注射した。

 

  「・・・・。」

   絵理は薄れていく意識の中で、自分の身に何が起きるのか朧げながら理解した。

  「いやぁ・・。」

   彼女はそう呟くと、意識を無くした。 

 

 「中隊長、後は自分が。」

  曹長が、依田の背後からそう声を掛けた。

 「いや、自分がやる。

 怨まれるのは一人でいい。」

  そう言うと、彼は曹長の手から斧を受け取った。

                  BACK   NEXT

           *トップページへ