4【ランナウェイ】

 

 「全機発射!!」

 

 F−2支援戦闘機の編隊から空対地ミサイルが発射され、

 巨大な敵の姿が一瞬かき消されるほどの、爆焔があたりを包んだ。

 気がつけば、依田達がいた場所も爆風で跡形も無くなっていた。

 

 「危なかったな・・・」

 依田は、代々木公園を目指して疾走する高機動車の中で、少女の体を抱きかかえながら

 呟いた。

 事実、あと数分遅ければ、彼らはあの火柱の中にいたのである。

 少女は意識を失ってはいたが、依田の腕の中で確かに呼吸をしていた。ただ、彼女の右足はひざ下からは無く

 包帯で厳重な止血が施されていた。

 さすがに、切断した足を取り出す時間までは無かった。

 依田の表情には、少女を助け出せた喜びは無く、これからの少女の運命を想い曇っていた。

 

 「まだ、動いてやがる。」

 激しく揺れる車の窓から外を見ていた隊員があきれたように声を上げた。

 

 「なんて硬い装甲をしていやがる。」

 依田はその声を聞いて、一人問いかけていた。

 (何故だ?…)

 

 『なあ、かつて戦艦の装甲は何を基準に決めているか、知っているかい?』

 防衛大学の友人で、海自に進んだ友人の徳島が依田達に問いかけてきた。

 卒業後半年、各部隊に配属され多忙な日々を過ごしていた彼らは、非番の日や休日が

 重なれば、決まって都内の居酒屋に集まり、お互いの近況等を語り合うのが、この頃の

 常であった。

 

 『そりゃ、相手の艦の主砲に耐えられる事が第一だろ?』

 至極当然のこととして、ビールを飲み干しながらメンバーの一人が答えた。

 『残念だが違うな。』

 『何だ?じゃ、魚雷に耐えられるようにか?』

 『ぶぅぅ〜。ぜんぜん違います。』

 徳島は、悪戯っぽく答えた。

 『正解は、自艦の主砲に耐えれるよ設計されていたんだな。これが。』

 

 依田の頭にはその時の答えが甦ってきた。

 『第二次世界大戦の時、なにゆえあの大和が不沈戦艦と呼ばれていたか?

  大和は、当時世界最大といわれた自艦の主砲46センチ砲に耐えられる様設計されていた。

  なにせ、アメリカの最大主砲は44センチしかなかったからな。』

 当時、アメリカの戦艦が太平洋に出る為には、パナマ運河を通らねばならなかった。その為、艦の横幅

 には制約が有り、主砲としては、44センチ砲を積むのがやっとであった。

  大和はそういった事情を鑑み、46センチ砲を装備したのであった。

 その為、大和は対戦艦戦闘に於いては、最強と謳われていたのであった。

 

  大和はアメリカの艦に勝つために、46センチ砲を装備しそれに耐えうる装甲を施した・・・。

 では、いまここに居るこの巨大な敵は何に打ち勝つためにこれほどの防御力を持っているのか?

 我が自衛隊にそれほどの兵装が在ると言うのか?

 否、アメリカを始め、現在の地球上においてこの敵に打ち勝つ兵装を持っている軍隊は、存在しない・・・。

 依田はあまりにも大きな敵の戦闘力と防御力に疑問を感じていた。

 

 F−2支援戦闘機の持つ空対地ミサイルの直撃を受けても尚、その巨体は活動をやめなかった。

 その事実を、偵察ヘリからの映像で見ていた“まつかぜ”の艦長、山城は驚いた。

 あれ以上の火力は地上部隊には無い。あるとすればこの護衛艦に搭載されている、

 対艦ミサイル“ハープーン”だけである。

 

 「艦長!“ガーディアン”コマンダーより入電。」

 艦内電話を持った副長が叫んだ。

 

 「判っている!お宝を出せと言うんだろう。」

 「はっ。各艦2本は出せと・・・。」

 「なんだ、結構遠慮深いな。預かりものも返したいもんだが。」

 「はぁ?」

 

 「まぁ、いい!総員戦闘体制!

  ハープーン1番・2番発射準備!

 目標!入力!新宿3丁目クラブ“白雪”!」

 

 「は?・・・・」

 CICからは間の抜けた返事が返ってきた。

 「復唱はどうした!」

 山城の声に、CICのオペレーターが慌てて応えた。

 「了解、ハープーン1番・2番発射準備!目標・・・・。」

 

 「大丈夫なんですか?」

 「外れれば、店が吹き飛んでツケを払う必要も無くなる。

  が残念ながら、後は、“ガーディアン”のコマンダーが誘導してくれる。」

 副長の問いに山城は不機嫌そうに答えた。

 「誤爆は米軍の十八番だ・・・。やつらのお株を奪うのは、我々には許されんよ。」

 

  戦闘空域ぎりぎりで旋回を続けていた今村達のレシーバーに、更にその空域から離れるよう

 勧告が届いていた。

 戦闘がこれほどの規模になると、対戦車ヘリといえどもその出番は無くなっていた。

 「邪魔者はどけってかい。」

 「いや、何か作戦上の都合だろう。」

 今村は、これ以上の火器を投入するであろうことを予想して、ガンナーの芳川を嗜めた。

 

 「レーダーに反応!機数6!ミサイル?」

 「こいつか!!全機上昇しろ!」

 今村は、小隊各機にこの空域からの離脱を指示した。

 

 今村たちの機の下を6本の火線が抜けて行った。

 そうして敵の直前で一瞬上昇したかと思った次の瞬間。

 

 ・・・・・!!・・・!!!。

 

今まで聴いたことのない大きな爆発音と火柱が上がった。

「対艦ミサイル、ハープーン!?」

「横須賀の海自からか?」

今村は、思わず上空を舞う“ガーディアンのコマンダー機”を見上げた。

 

確かに、海上の戦闘艦からの地上目標へのミサイル攻撃は、米軍が実施した湾岸戦争以降、

戦術としては定番化していた。

しかし、自衛隊は仮にも専守防衛を錦の御旗にしていた以上、その様な攻撃方法は想定することすら

許されていなかった。 

だが、彼ら“ガーディアン”にはそんな足枷は無かった。とは言え躊躇なく対艦ミサイルを使用するとは、

その判断力に今村は舌を巻いた。

 

「なかなかどうして、結構な曲者だあのお嬢さん。」

今村は、上空に舞う未だ一瞥の挨拶も交わしていない女性に、自分の基地の上司より大きな信頼感を

覚え始めていた。

 

果たせるかな、さしもの怪物もその巨体の動きを止めた。

「やったか?」

山城は前面のディスプレイに映し出されたその光景を凝視した。

これで駄目なら、後は・・無い・・・。

米軍の艦艇には更に巡航ミサイルトマホーク≠ェ搭載されているが、自衛艦にはその装備は

本来レスオプションであった。

 

「本来無い筈のモノは、使えんよな・・・」

山城がそう一人ごちた時、戦場の刻が停まった。

 

「グ・オオオォー!!」

あろうことか、怪物が咆哮したのである。

それは暗い地の底から響いてくるように不気味な声であった。

その声は、新宿の夜空を揺るがし、その場にいた兵士のすべて魂を凍り付かせた。

 

「これが、この巨大人型兵器の威力か・・・」

依田は、かつて防衛大の寮で同期のメンバーと良く「戦略」や「戦術」について語りあったものであった。

防衛大生らしいといえばらしいが、その内容は一昔前とは大きく違っていた。

彼らは、興が乗ってくると決まって、巨大ロボットや生物兵器についてその有用性を論じていた。

アニメ世代の軍人であればいたし方の無いことであった。

曰く

「巨大ロボの技術的な可能性」から始まり、

「単体の巨大兵器より、大量の既存兵器の運用効率」に続き、

「巨大生物兵器の存在意味」にまで至った。

そして最後は宇宙戦艦の最終兵器の運用法について論じるころには

大半のメンバーが酔いつぶれているのが常であった。

娯楽の少ない寮生活での息抜きであり、結論はいつも出ることは無かった。

 

だが、依田はその答えを今宵見せ付けられた思いであった。

巨大兵器・・それが人や生物の形を模倣すればするほど人間は、見ただけで恐れるのであった。

それは、畏怖すると言って良かった。

通常の兵器であれば、例え戦車であれ戦闘機であれ、もちろん戦闘艦であっても、相対すれば何とか

対応しようとするものである。

だが、こいつにはそうは行かない。

まず、己の知識を総動員してその存在を理解することから始めねばならなかった。

理解できなければ、その理不尽な存在に踏み潰されるほか無かった。

また、理解したとしても次に襲ってくるのは恐怖であった。

一説によると、人類が持つ巨大な生物への恐怖心はかつて恐竜と戦っていた時代のDNAであるという。

歴史上本来はありえない説であった。

それは、確かに滑稽な代物であるが、この状況を顧みれば一笑に臥すことの出来ないことであった。

事実、厳しい訓練を受けた隊員達ですら、この戦場ではそのDNAの呪縛に捕らえられている様であった。

 

「咆哮一発で、戦況を一変させれるのか。」

それが、この兵器の巨大さ故の威力であった。

大海原に浮かぶ戦艦でさえ、近ずけばその巨体に人々は目を見張った。

それ以上の質量がこの地上を徘徊しているのである。

小山が覆いかぶさってくる。その威圧感が戦場を支配していた。

人々を圧倒するにはそれだけで充分であった。

 

今村達が敵の巨体をなすすべも無く凝視していたとき、目の前を1発のミサイルが横切った!

ミサイルは敵の頭部を直撃すると、戦場の時間を再び動かした。

「なにをボサッとしている!死にたいの!!」

レシーバーから、凛とした声が響いてきた。

 

「全機攻撃再開!こけおどしに惑わされるな!」

 

その声に弾かれた様に、F−2の小隊が3機編隊で敵に襲い掛かった。

再び紅蓮の火柱が巨体を覆いつくした。

 

「プロだな・・・。」

今村は彼女≠フ指揮に目を見張った。

実戦慣れしている。

確かに、国際的な非政府団体(NGO)には、軍隊顔負けの組織も存在している。

中でも国境の無い医師団≠ナは、地球上どこの国においても24時間以内に医師団を送る能力を有している。

その機動力と情報収集力は、へたな軍隊では足元にも及ばなかったのである。

 

しかし、こと戦闘に関してはどんな場合でも、プロが民間団体に遅れを取るようなことは無かった。

なによりもそれには、実戦の場数がものを言った。

・・・・ならば、今この指揮を執っている彼女≠ヘどれだけの実戦を経験したというのであろうか。

それに対して俺たちは・・・。

今村は、自分のやるべきことを思い出した。

 

「芳川。火器のコントロールは戻ったか?」

「はい、何とか!!」

「よし、最後に一発かまして引き上げるぞ。」

「は?」

芳川は自分のパネルの燃料計を見てようやくその意味が分かった。

これ以上、ここに留まっていられない事をその計器は示していた。

今村も又プロのガンシップ乗りであった。

 

今村らの機体にはまだ対戦車ミサイルが十数発残っていた。

「せっかく、団指令が奮発して持たせてくれた手弁当だ、

食べ残しては、目覚めが悪いからな。」

 

「まさか、箸がつけられるとは思わなかったでしょうがね。」

と、芳川が切りかえした。

彼の脳裏には団司令部の苦りきった顔が浮かんでいた。

しかし、今村は委細構わず機を攻撃目標の軸線に乗せた。

 

スロットルを全開にし、彼らの機は敵の巨体に迫って行った。

「毒を食らわば皿までも・・・か・・・。」

芳川の呟きは既に自分でも聞き取れなかった。

 

「!!」

 

次の瞬間、彼らは血の気が引くのを覚えた。

敵の巨大な背中が、まるで蝉が脱皮するかの様に大きく開いたのである。

もちろん、出てきたのは蝉では無かった。

無数のミサイルが四方に向けて打ち出されたのであった。

 

「全機、回避! よけて!!」

レシバーに悲鳴のような指示が響いた。

「攻撃中の機は全速降下!むやみに上昇しないで!!」

「ぐう…。」

言われるまでも無く今村は、操縦桿を力いっぱい押した。

下から打ち上げられてくる飛行物体に、思わず上昇したい衝動に襲われる。

その誘惑に負けたF−2の数機が、機首を持ち上げた瞬間食われて行った。

今村達の機は、地面に向かって速度を上げて行った。

途中、数発のミサイルが傍らを掠めて行ったが、躊躇している場合では無かった。

近接信管でなかったことが幸いであった。

機は地上を舐めるように旋回すると、まだ原型を留めているビル群に機首を向けた。

数発のミサイルが彼らを追尾してきた。

「チッ!やっぱりホーミングか!」

熱源センサーによるホーミング・ミサイルであった。

高度をとっていた戦闘機群はフレアーを射出し、ミサイルの追尾から逃れることが出来た。

しかし、地表近くまで降りた彼らにはそれが許されなかった。

 

今村らはビル群の中を縫うように飛び続けた、時折ローターが折れ曲がった街灯に接触しそうになる。

その時、火災を起こしているビルに向かって、ミサイルのセンサーが反応した。

次々とビルに向かってミサイルが激突していった。

「…くっ…。」

生存者がいたとは思えなかったが、今村は頭を垂れた。

なんとか、追尾してきたミサイルを振り切れたと思った瞬間、ビル群から抜け出していた。

 

「助かった…か。」

しかし、今村の眼は次の光景に凍りついた。

彼の機の前方を一台の車が横切って行く、それは陸自の高機動車であることが判った。

その車に1発のミサイルが向かっていくのが見えたのである。

依田達の車であった。

代々木の避難所を目指していたが、敵の打ち出したミサイルが彼らの行く手も阻んでいた。

何度も至近弾を避けていたものの、さすがにこの1発は避けられそうに無かった。

「芳川!!」

「無理です!バルカンじゃ届きません!!」

否、よしんば届いても、そうそう当たるものでは無かった。

 

依田達もまた、自分たちの置かれた立場を理解した。

「中隊長!飛び降りてください!!」

運転している隊員が叫んだ。だが、そうすることは不可能であった。

依田の腕には絵理が居た。

彼女を残して脱出する訳には行かない。傷ついた少女を抱いたまま疾走する車から飛び降りる?

ここは、ハリウッドの撮影所では無かった。

「ちくしょう…。」

依田は己の無力さと運の無さを嘆きながら、彼女の体を庇う様に抱きしめた。

                  BACK   NEXT

          *トップページへ