6【メタリック・ファイト】

 

その後の戦闘は、最早人智を超えたものであった。

巨人は怪物に接近すると、躊躇無くその脚部で打撃を与えた。

要するに、“蹴った”のである。

 

グワラァァ・・・ン!!

 

数十発の鉄甲弾が一度に弾けた様な音が響いた。

いったいどれほどの衝撃が怪物の腹部を襲ったのであろか。

あれほどの強度を誇った敵の装甲が、見るも無残に飛び散って行った。

怪物の腹には、大きく陥没した穴があき中には見た事の無いメカが覗いていた。

 

「一撃で・・・。何者だあの・・・・。」

依田は一瞬次の言葉をためらった。

「・・・何者だ・・・あの・・“ロボット”は?。」

「中隊長・・・。」

高機動車の運転士である若い隊員が、依田に話し掛けて来た。

「やはり、どう見ても巨大ロボットですよ・・ね?あれ。」

「・・・報告は正確を規して、簡潔にせよ!」

依田は、彼の発言をたしなめた。だが、それは自分へ向けた言葉でもあった。

 

「は、申し訳ありません。」

「敵目標の前に人型機動兵器と思われる、新たな目標出現。

全長、もとい身長約40m。質量、武装とも現時点では不明。」

「よし、いまのうち先を急ぐぞ。全員乗車!」

依田はその報告で意識を自分の優先事項にリセットした。

現在は、少女の治療が先である。

彼は車を代々木公園に急がせた。

だが彼らの眼はいまだに新たな目標に釘付けになっていた。

「奴の装甲は、このロボットの為だったのか・・・。」

それは、敵があの巨人兵器の存在を知っていた事になる。

依田は自分達の知らないところで、何か得体の知れない影が蠢いている事を感じた。

 

「まいったな、こりゃ。」

「ドリルは付いていませんが、これも男のロマンって奴ですか?」

今村は、芳川の言葉に苦笑した。

「どうだ、芳川。残っていて正解だったろう?」

「はい、確かに。末代までの語り草になりますね。」

今村達の機は、戦闘現場より1000m程離れた上空で、状況を見続けていた。

「ホバリングは燃料を喰うんだがなぁ。」

「高い見物料になりそうですね。」

「なんなら、リングサイドまで行くか?」

「いや、遠慮します。奴らの場外乱闘は洒落に為りませんからね。」

 

グワァン・・・!!

 

今村達がそんなやり取りをしている間に、巨人は怪物のあの角をたたき切っていた。

その右手にはいつの間にか、大きく反った剣が握られていた。

ブィーーーン・・・

その切っ先からは奇妙な音が聞えてくる。

「超振動刃ってやつか?」

「よく切れそうですね。」

「ああ、奴っこさんにはよく似合う。」

今村の言葉には、毒気が有った。

「でも、この手合いにはあのアイテムは必携ですよね。」

「ああ、王道だからな・・・。」

「王道は伝統文化ですからね。」

「ああ、伝統ならしょうがない・・・。」

「ええ、伝統ならしょうがないですよね。」

彼らはどうにかしてこの戦闘を理解しようとしていた。

 

この40mを優に超える巨大な物体達が、彼らの知りえる世界では存在しないテクノロジーで、

覆われているのは疑いの無いものであった。

しかし、そのオーバー・テクノロジーの塊がやっている事は、ヤクザの立ち回りであった。

 

相手を蹴飛ばし、刀で切りつける。

だが、それが破壊光線を眼から出すよりどれほど凄い事か、間近で見続ける彼らにとっては

肌で感じることが出来た。

これで、必殺武器が出れば完璧であった。

 

ガシャン!

「やばい!」

今村と芳川の二人は思わず同時に叫んでいた。

敵の背中が再び大きく開いたのである。

まだ、ミサイルの残弾が有ったのである。

至近距離、ゼロ距離射出であった。

 

しかし、巨大ロボは左手でそれを制するかのように大きく掌を拡げた。

次の瞬間、打ち出される筈だったミサイル群が怪物の体を離れる事無く、爆発していった。

その爆発の衝撃と圧力は、怪物の体を四散させるには十分なエネルギーを有していた。

どんなに強固な装甲を誇っていても、内部から破壊されては、堪ったものでは無かったのである。

 

ズォォオオオッ・・・オオォ! !

 

巨大な音と光の波が新宿の街を呑み込んで行った。

 

「うおおお?」

今村達の機は、襲い来る爆風で木の葉のごとく舞っていた。

スロットルを全開にして、今村は濁流の様な衝撃から機体を立て直そうとした。

 

数十秒ほどスロットルとスティックでその爆風と格闘していた今村は、やがて機体を安定する事に

成功した。彼らの眼下には見覚えのある放送塔があった。

彼らの機体はいつの間にか東京タワー付近まで流されていたのである。

しかしそこからでも空高く立ち昇るキノコ雲を視認することが出来た。

「・・・・。」

今村と芳川はさすがに言葉を失っていた。

 

「やはり、誘爆兵器か・・・」

「・・・必殺武器にしては地味でしたね。」

「馬鹿言え、あれで充分だ。」

ようやく彼らの口が動いた。

「地味だと、冗談じゃない。あれ一つでも今の軍事バランスはメチャクチャになるぞ。」

今村の言葉にようやく芳川も事の重大さに気が付いた。

「核ミサイルはもう持てませんねぇ。・・・」

 

「圧倒的だな・・・。」

偵察ヘリからの途切れ途切れの映像を見ながら、山城は呟いた。

(こんな連中と、これからやり合っていくのか?)

彼は今までのキャリアが何の意味も持たなくなったことを嫌でも悟らざる得なかった

「ガーディアン・コマンダーより入電。“オペレーション:Σ”終了!」

副長の声に山城は我に返った。

「各艦に伝達。状況終了!」

副長にそう伝えて山城は、どっかりと椅子に腰掛けた。

やたらと喉の渇きを覚え、冷たいビールを飲みたいと思った。

だが、それはかなわなかった。彼の勤務時間は始まったばかりであった。

                  BACK   NEXT

        *トップページへ