7【ディジー・ホール】

 

いつのまにか、依田は千鳥が淵にまで来ていた。

4年前の出来事を思い出しながら皇居のお堀端に沿って、歩いて来たのである。

千鳥が淵では、数日後に迫った“新宿崩壊”の犠牲者を偲ぶ、慰霊祭の準備が進められていた。

今年で3回目を迎えるこの慰霊祭は、当初靖国神社での開催を計画されていたが、

国内外の反対が大勢を占め、結局は千鳥が淵に無宗教のメモリアル・センターを設置し執り行う様に

なったものである。

死者8,000名、行方不明者1,200名、全半壊900棟以上。・・・。

当時の対策本部から、公表された犠牲者の数字であり、年々その犠牲者の数は増していった。

その規模は、阪神・淡路大震災や9・11同時多発テロを、はるかに凌ぐものであった。

 

「・・・・。」

依田は、さすがに疲れを覚え、遊歩道沿いに設置されているベンチに腰を下ろした。

そこからは、メモリアル・センターの広報パネルを見ることができた。

そのパネルの中央には一際大きな写真が掲げられ多くの人の目を惹いていた。。

それは大きく地面がえぐれた写真で、巨大なクレーターを思い出させた。

あの怪物が最後に爆発、四散した現場の写真であった。

直径1,500m、深さが最深部で120mの爆発跡である。

新宿の中心部に残ったこの爆発跡を、米軍の気化爆弾の名をとって“ディージ・ホール”と名づけていた。

しかし、いつしか人々はここを“2丁目ホール”と呼び、その呼び名のほうが一般には浸透していた。

“E電”が根付かなかった様に、押し付けられた呼び名を歓迎するほど、人々は愚かでは無かった。

ただ、元ベストセラー作家の都知事が、

「品位を疑う。」

と、事あるごとに非難していた。

 

その爆発跡は、4年たった今もその姿を晒していた。

周辺地域が復興していく中でも、いまだ行方不明者が見つからない以上中々その現場に手をつける訳には

行かなかった。日本人らしいと言えば、日本人らしい発想ではあった。

2・3のデベロッパーが、再開発の手を上げたが、多くの遺族や行方不明の家族会から、死者の上に街を

作るのか。と反発を買い断念していった。

 

慰霊祭は、その“2丁目ホール”での献花、灯篭への火入から始まり、千鳥が淵までのキャンドル行進を行い

メモリアル・センターでの慰霊式、鎮魂の鐘を判明した犠牲者の数だけ打って終わるのである。

 

「今年は、8,030回打つそうだ。」

依田は突然そう話しかけられて、驚いて顔を上げた。

「久しぶりだな、依田二尉・・いや失礼。今は三佐殿だっけ。」

見覚えのある顔であった。

「・・・今村一尉。」

「その節は、お世話になったな。」

人なつっこい笑顔がそこにはあった。

「いえ、結局なにもお役に立てませんでした・・。」

依田はベンチから腰を上げ、今村と握手を交わした。

 

今村と依田が初めて顔を合わせたのは、防衛局で行われた調査委員会の席であった。

委員会の対象は、今村一尉の命令違反についてである。即ち敵目標への攻撃を団司令部の命令を

無視して行った事への調査であった。

本来、自衛隊には軍法会議なるものは存在しない。だが、命令違反を黙認するほど甘くも無かった。

調査委員会の名目で、彼への懲罰を審議するのである。

依田はその委員会へ現場に一番近かった部隊の一員として、呼ばれていたのである。

今村の命令違反は、当時の通信記録からほぼ明らかにされていた。しかし、現場には現場の対処法が有る。

ここで、問題になるのは依田達の災害救助の部隊が、危機に陥っていたかどうかであった。

明らかに、彼らの部隊に危険が迫っていたなら、今村の対応は“緊急避難措置”として認められる可能性が

有った。

依田は、その場で彼らの部隊の位置や、今村の小隊の動きを事細かく聴きだされた。

彼はその質問に一つ一つ丁寧に答えて行ったが、それが今村にとっては有利なのか不利なのかは

敢えて考えないようにしていた。

だが、最後に意見を述べる機会を与えられたとき、

「もし、私が今村一尉であれば、私も躊躇無く引き金を引いておりました。」

そう依田は答えて、調査会の部屋を出た。

後に判った事ではあるが、委員会に呼び出された隊員達のほとんどが、そう答えていたのであった。

 

今村とガンナーの芳川は1階級降格の上地上勤務、他の隊員は上司の命令に従っただけ。という事で、

お咎め無し、の裁定が出たのはその2週間後であった。

命令違反という軍隊にとっては、あってはならない大罪を犯したにしては寛大ともいえる処置である。

もっとも、そこに依田達の意見が反映されたのかどうかは、定かでは無かった。

 

「もう、現場には復帰されたのですか?」

依田は、何気なくそう尋ねた。

「除隊したよ2年前に、結局空には戻れず仕舞いでな。」

今村の答えに、依田に驚きは無かった。逆に彼らしいと思わず納得していた。

「今は、こんなことをしている。」

彼は、一枚の名刺を差し出した。

“地球防衛研究所 ガーディアン・倶楽部

 戦闘コーディネーター 今村 俊夫”

そして最後にこう小さく表記されていた。

“ネオ・アカデミー関連団体”

 

「・・・・これは!?」

今度はさすがに驚いた。

 

「会わせたい人が居るんだ、そこまで付き合ってくれ。」

今村は依田の後ろに有るホテルを目指して歩きだした。

依田は一瞬躊躇したが、無言で彼の後に続いた。

 

   8〔ネゴシエーター〕

 

そのホテルは客室から千鳥が淵の桜が一望できることで有名なホテルであった。

毎年、花見のシーズンには桜を見る為多くの宿泊客が訪れ、数年先まで予約は一杯になっていた。

本来この季節はオフシーズンで、落ち着きを取り戻している筈であったが、現在では慰霊祭関係者の

常宿となり、春先並みに混雑していた。

今村は混雑するフロント際の喫茶室を避けて、奥にあるレストランに依田を案内した。

予約が必要な為か、中は外の喧騒が嘘の様に静かであった。

今時には珍しい重厚な木のドアを開けると、まだ陽は落ちていないにも関わらず店内は薄暗かった。

入り口からほど近い小さなステージの上には、よく手入れされたジャズピアノが置いてあり、もう少し

時間が遅ければ、一流の演奏と食事が楽しめたはずである。

 

そのステージの奥にあるテーブルに、一人の女性が座っていた。

今村はホールマネジャーを制すると、そのテーブルに彼を導いた。

 

「どうも、急にお呼び立てして申し訳ありません。 三田 善樹と申します。」

まだ少女の面影が残っているその女性が、微笑みながら依田に名刺を差し出した。

それは、ビジネスシーンでは当たり前の所作であった。

「は、申し訳無い。自分は今、名刺をきらしておりまして・・・。」

依田は思わず口ごもりながら、弁明していた。

「結構ですよ。私達民間の団体と違って、おいそれと配れる名刺では無いことは存じておりますから。」

善樹は悪戯っぽく笑ってそう言い、ウェイターに目配せをした。

 

“国際連合公認

 非政府団体 ネオ・アカデミー 極東地区担当

 コマンドプロデュース チーフ 三田 善樹”

 

勧められるままに、テーブルの席に着いた依田が、何気なく眼を通したその名刺には、

彼女の容貌には似つかわしくない、肩書きが記してあった。

「ま、俺にとっては親会社の部長。て、ところだな。」

無言で善樹の顔と紙片を見比べていた依田に、今村がそう声を掛けた。

「怒らすと、俺の首が危ないんだよ。」

今村は、自分の首に手を当てておどけて見せた。

善樹はそれを聞いて只笑っていたが、その眼は笑っていなかった。

 

依田は善樹の顔をしばらく見つめていた。

女性には疎い依田であったが、彼女が美人の範疇に入る事は間違いの無いところであった。

栗色の髪は短めに整えられ、とび色の瞳とあいまってやや幼い印象を与えていた。

しかし、少女の面影を残しながら、鋭い眼差しにはキャリアを積んだ責任と自信が滲み出ていた。

最新のファッションを巧みに取り入れた、エンジのスーツとやや短めのタイトスカートが、より彼女を

知的に引き立て、軍の上級女性仕官の雰囲気すら漂わせていた。

もっともこれ程の美女は依田の職場では、ついぞお目に掛かれたことはなかった。

 

「何か、私の顔に付いています?」

依田の視線に気付き、善樹が尋ねた。

「え・・あ、失礼。どこかでお会いした事が有る様な気がして、つい。」

依田は思わず、そんな言葉でその場を凌ごうとした。

女性の顔に見とれる事なぞ、彼にとっては思いもしない事である。

しかし、そう言い訳をして依田は気付いた。

『そう、確かにどこかで会った事が有る・・・何処だ?』

だが、なかなかその記憶を探し出せなかった。

「陳腐な口説き文句だな。それじゃこの女性は陥落しないぞ。」

今村が押し黙った依田を見て、そうまぜっかえした。

 

「いや!そんな訳では有りません。自分は本当に・・・」

「今村さん、からかわ無いで下さい。失礼ですよ。

 でも、光栄ですわ、依田三佐。」

思わず、大声を出して弁明しようとした依田を彼女は静かにフォローした。

「あの、自分はそんなつもりでは無く・・・あ、いや・・すみません」

善樹の言葉に依田は益々混乱して行った。

善樹はそんな彼の反応を懐かしい光景を見ているように、眼を細めた。

『トオルに似ている・・・あの頃の。』

その眼は確かに笑っていた。

 

「依田三佐、いえ依田さん。実は口説きに来たのは私の方なんですよ。」

それぞれの飲み物がが運ばれてきて、一息ついたところで、彼女がそう切り出した。

「え?・・・」

「うちのSPとして、力を貸して欲しいんです。」

「要は、ヘッドハンティングってやつだな。」

依田は思わぬ言葉に耳を疑った。

自分を、ネオ・アカデミーの関連団体に?しかもSP?

「いや、自分は確かに戦闘訓練は受けておりますが、あいにくSP=要人警護は畑違いでして。」

拒否するつもりで依田はそう答えた。

「要人・・・あ、ごめんなさいね。遂うっかり・・・。」

「SPってのは、こちらでは“セールス・プロモーション”、つまり“営業”のことだよ。」

「・・・・・。」

依田は思わず絶句しそうになった。

“営業”・・・、彼にはもっとも縁遠い職種であった。畑違いの要人警護どころでは無い。

キリストがおみくじを売るようなものだ、もはや宗旨が違う。

少なくとも現場一筋の彼にはそう思えてならなかった。

依田は、やがて自分はタチの悪い冗談に付き合わされているのでは無いかとさえ思えた。

しかしこの格調高い店内には、無粋な隠しカメラの様なものは何処にも見当たらなかった。

 

「じょ・・、冗談は止めて下さい。」

彼の言葉には、やや怒気が含まれ始めていた。

「自分は、自衛官の仕事に誇りを持っております。

 第一自分は人一倍口下手で、とても営業なぞ務まりません!」

依田はそう言うと、まだ冷め切っていないコーヒーを一気に飲み干してしまい、のどが焼ける痛みに苦悶した。

 

「もちろん冗談では有りません。私は本気でそうお願いしています。」

善樹は、依田に説明し始めた。

「私達が勧めている“商品”は、口先だけの陳腐な営業トークで捌けるものでは無いのですよ。

 あなたの言う現場の声を十分に知っている人間で無ければ、扱え無い代物なのです。」

彼女は、依田の困惑を見透かしているかのようにそう続けた。

「“商品”?・・・いったいなんなんですか?」

 

善樹は微笑を浮かべながら、躊躇せず彼の問いにこう答えた。

「“勝利”と“平和”です。」

 

依田の思考は停止しそうになった。

                  BACK   NEXT

        *トップページへ