9【アンタッチャブル】

 

防衛省情報局勤務である高田は、ようやく今日の勤務を終え帰宅する用意をしていた。

日本の排他的経済水域付近を徘徊する隣国の潜水艦が、いつもの挑発行為をしてきたことを除いては、

特段に報告するべきことも無く、静かな一日で終わるはずであった。

彼の携帯が着信音を奏でたのは、彼が自分の部屋を出る直前だった。

「はい、…。なんだ、依田か珍しいなこんな時間に。

 今日は、ムウの出現情報はまだ、確認されていないぞ。」

侵略体ムウは日本だけを襲ってくる訳ではない、地球上どの国にも現れてはその爪痕を残していった。

その出現情報は、現在では国連を通じて世界の政府機関にリアルタイムで送られてくる事になっていた。

国家間の誤解に拠る紛争に結び付けない為に、近年構築されたシステムである。

これが、冷戦時代であれば既に核ミサイルが飛び交う最終戦争が、勃発していたに違いなかった。

冷戦がその長い不毛な歴史に終止符を打たれ、東西国家間の対話が可能になっていた事が幸いした。

それだけに、現人類にはツキがあると言って良かった。

だが、少なくなった資源を巡っての小競り合いは未だ繰り返されていたのも事実である。

「そう言えば、今日の会議では結構な活躍だったらしいな。

 本社のお偉方さんが頭を抱えていたらしいぞ。」

さすがに、情報局勤務である。既に依田の行状は知れ渡っていた。

「俺も同席したかったよ。キュウマルのウィンカーの他にも言いたい事は

 山程有ったんだがな。」

高田は依田の同期であり、数少ない友人でもあった。

「・・・・なんだって?…ちょっと待て」

彼は上着のポケットに手を入れ小さい箱のスイッチを入れた。

これで、彼の声は携帯を始め室内の会話ですら盗聴する事は出来なくなった。

「もういいぞ依田、ネオ・アカデミーの何が知りたいって?」

スクランブル機能の為、自分の声に奇妙なエコーが掛かるのは致し方の無い事であったが、

出来ればもう少し耳障りの良いスクランブル装置を、技術部に発注しようと高田は思っていた。

依田は、高田にネオ・アカデミーの代表主査であるプロフェッサー・宮こと、宮 信彦教授について

問い始めた。

「・・・・・それは、無理だ。」

「いや、別に隠している訳じゃない。実際こちらに挙がってきている資料も

 たいした内容じゃない。彼らのHPの方が詳しい位だ。」

「・・・・それで良ければデーターを送るが・・・。」

「宮教授の論文?なんだって今頃そんなもの調べてる?

 難しいな、なんたって国会図書館からすら削除された代物らしいからな。」

「・・・・いやー、別にたいした理由も無いと思うが、なにせ彼が日本の学界から

 追放されるきっかけになったって言われる本だからな。

 教授にとってもその方が良かったんじゃ無いか。」

「何の学界かって?

 確か、天文学…じゃない粒子物理学とかの専攻じゃなかったかな?」

依田はまだ得心がいかない様子であった。

しかし、これ以上“スクランブル”を掛けているわけには行かなかった。

逆に“当局”から不審感を持たれ兼ね無いからである。

高田は胸のポケットに有る箱のスイッチを切った。

「判った。 借りた物は返さなきゃな。

 六本木の例の店、そうだ“ナナヨン”。

 久しぶりに一杯やろう。そこで返すよ『借りていた本』を…。」

高田はわざとらしくそう言うと携帯を切り、小さくため息をついた。

(なんだって、あいつはこんな厄介なモンに首をつっこむんだ?…。)

彼は室内が禁煙なのも忘れてタバコに火を付け、大きく一息吸い込んだ。

やがて苦々しく煙を吐き出すと、ディスクのインタホーンのスイッチを押した。

「……、ズドラースト・ヴィーチェ…。」

そうロシア語で挨拶をすると彼はこう続けた。

「…仕事だ…。」

「少し考える時間を貰えますか?」

化粧室から戻った依田は善樹にそう切り出した。

「…それは…勿論。」

善樹は少し驚いたようだが、直ぐに微笑みを浮かべた。

「さっきの名刺の裏に、私の携帯とメルアドが書いてありますので、

 いつでも連絡して下さい。待っていますよ。」

「羨ましいな、依田三佐。

後でその番号をこっそり俺にも教えてくれないか?」

今村は席を立とうとする依田の耳元で囁いた。

(勘弁して下さい…。)

依田はそう訴える様に今村の方を振り向き、善樹に軽く会釈をすると

足早にホールの方へ出て行った。

「意外だったわね。最初は断るかと思っていたけど。」

その後ろ姿を見つめながら、彼女はそう呟いた。

「そりゃ、貴女に口説かれて断われる男はいませんよ。」

「そ、有り難う。

でも今村さんにそう言われてもイマイチ喜べ無いのよね。」

「そりゃ無いですよ。これでも“善樹ファンクラブ”会員番号1番なんですから。」

「…あなた、“熱帯魚”のメンバーにも同じ事言ってたでしょ。」

今村はさすがにバツが悪そうに首をすぼめて見せた。

「気をつけなさい、そのうち指を噛みちぎられるわよ。」

「グッピーだけじゃなくピラニアも居るって事ですか?“熱帯魚”だけに。」

「そう…指だけで済めば幸運だと思いなさい。」

善樹はそう言うと、冷めてしまったコーヒーを啜り今村に微笑んだ。

しかし、その目は又笑ってはいなかった。

善樹達から別れた依田はホテルの車寄せにいたタクシーを掴まえ、六本木へと

向かっていた。

さすがに制服のまま地下鉄で移動するのははばかれた。

未だにこの国では軍服への偏見が残っているのである。

車はやがて待ち合わせで有名な喫茶店が有る交差点を右折し、かつて防衛庁の建物が有った通りで

停まった。

十数年前ならこの制服が物珍しく無い程に行き交っていた通りである。

依田は車から降り、小さな遊歩道の脇を歩いて行った。

やがて、細長い建物のシルエットが浮かび上がった。

既に陽は落ち街灯がその脇の遊歩道を照らしていた。

しかし、その建物にはほとんど明かりが点いてはいなかった。

只、地下に繋がる入口に出されている控えめなスタンドサインがその店の存在を示していた。

『BAR:ナナヨン』

白地の板に濃紺の文字でそう表示されているのが、唯一のこの店の顔であった。

依田は地下に降りる階段を最初はゆっくりと、しかし最後には通い馴れた足取りで降りて行った。

 

   10【オードブル】

 

小さなドアを開けるとカウンターの中から低く野太い声が飛んできた。

「おや、珍しい。何年振りだい?」

声の主はカウンターでグラスを磨いていた、この店のマスターであった。

「お久しぶりです。変わりませんねこの店も…。」

「変えようが有るかい!毎月カツカツだからな。」

依田は挨拶代わりのつもりで有ったが、マスターに取っては余計なお世話であった。

店内は入口脇にあるカウンターと奥にボックス席が数席あるだけの、こぢんまりとしたバーであった。

どこにでも有るような取り立てて特徴の無い店で有るが、カウンターの壁に掲げられている戦車の写真が、この店の名前の由来を物語たっていた。

「あ…済みません。」

「…馬鹿。冗談だよ。

 相変わらずはお前の方の様だな。依田。」

この店の主はそう言って少し笑顔を見せると、カウンター席に座った依田の前にボトルを置いた。

「いつまでも置いていてもしょうがない、片付けてくれ。」

ボトルは七面鳥のラベルで有名なバーボンのボトルであった。

4年も前に入れたボトルである。

「まだ有ったんですか?このボトル…。」

「ああ、あの日のボトルだからな…。」

言わずもながの“新宿崩壊”の事であった。

あの日、後続の部隊に事後処理を任せた依田達はこの店に転がりこんだ。

六本木に防衛庁があった時代、彼らはなにかと理由を付けてはこの辺りに繰り出し、

この店で朝まで飲んでいた。

マスターが陸自の先輩と言うことも有り、彼らにとっては居心地が良かった事もあるが、お目当ては

マスター手作りのドライソーセージとピクルスのオードブルであった。

その味は正に絶品で、どんな酒にも合った。

一時、タウン誌等で紹介されたおりには、グルメブームも手伝って、長蛇の列が出来たこともあった。

おかげで依田達陸自のメンバーはせっかく朝霞の駐屯地から出て来ても、諦めて帰るしか無かった。

依田達がその先輩の店を任務終了直後に訪ねたのは、店の安否の確認と、信じがたい戦闘の経験を癒す為であった。

果たせるかな、店が入居しているペンシルビルは健在で、その小さなバーは避難勧告の中いつもの様に

営業していたのであった。

「ああ、なにかドンパチしていたようだな。」

流石に元戦車乗りのマスターは肝が据わっていた。

もっとも、戦車乗り特有の持病のおかげでも有った。

狭い車内でエンジンの騒音と車砲の轟音にさらされている彼らは自然と耳が遠くなる。

最初此の店を訪れた時にはマスターとの日常会話ですら、怒鳴り合いに聞こえた。

『ナナヨン』が健在で有ることが判ると、依田達はビールとバーボンでノドを潤し、次の朝まで床で転がっていたのである。

戦闘や長時間の災害時の復旧作業後疲労がピークに達すると、逆に休みたくても休めなくなってしまう。

脳内アドレナリンが多く出て、一種の興奮状態が続くのである。

そんな時はアルコールででも採って無理矢理身体を休める。そうしなければ身心共に参ってしまう。

隊士、兵士と言えども生身の人間なのである。

とは言え、日本ではそんな姿が捉えられれば、マスコミの餌食になるのは必定である。

“現場を知れ”報道の基本さえ、この国の一部マスコミは放棄しているようであった。

依田の前に置かれたボトルはその時の証拠物件に違いなかった。

その日の日付とメンバーの名前が書き殴ってあったのである。

「お前の昇進祝いに皆来るかと待っていたんだがな…。」

3年前に“東部方面特殊部隊”が設立され、その1年後に依田が二代目部隊長となった。

その時、依田は1等陸尉から3等陸佐へと昇進したのである。

しかし、その時には既にボトルに書かれたメンバーの多くは彼の前から姿を消していたのであった。

ある者は除隊しある者は転属をし、そうしてある者は靖国へ奉られていた。

「…済みません…」

依田はそのボトルを愛でるように撫でてみた。

中には未だ3分の2程琥珀の液体がたゆっていた。

そのボトルには、彼らとの時も封印されているようでキャップを開ける気にはなれなかった。

コ ト。

依田の前にオードブルの皿が置かれた。

マスターご自慢のドライソーセージとピクルスが盛られており、付け合わせにセロリのスティックが

それに彩りを添えていた。

「ここはバーだ。飲まないのなら帰ってもらうぞ。」

この店にはマスターが決めたルールがあった。

一、酒を飲まない客はお断り。

二、飲む時間はオードブルが有るまで。

三、オードブルは一人一皿のみ。

以上の3ヶ条である。

かつてのグルメブーム時に懲りたマスターが、その対策として取り決めたものである。

勿論、常連客も例外では無かった。

依田は仕方なくボトルのキャップを捻り、ショットグラスにその“時”を解放した。

バーボン独特の香りが依田の鼻孔をくすぐり 彼を仲間達の想い出に誘った。

依田はグラスの縁に唇を近付け、最初舐めるようにバーボンを口に含んだ。

ほのかな甘さとコーンのモルトの香りが広がり、やがて喉に熱い刺激を覚えた

彼はドライソーセージを一切れ摘むと、バーボンの余韻が残る口に放り込んだ。

適度の塩味とハーブで燻された肉の旨みが噛むごとににじみ出てくる。

肉の脂が強烈なアルコールで痺れた舌を癒していった。

ひとときドライソーセージを堪能したら、グラスに残った液体を今度は一気に流し込む。

肉の脂が洗われて、口の中は再びバーボンの香りで満たされる。

そうしてまたドライソーセージのスライスを一切れ掴む…。

時折ピクルスをかじり、グラスを休める。

これが、この店の流儀であった。

気を付けなければならない事は、瞬く間にオードブルの皿が空になってしまうことであった。

ソーセージの誘惑に負けてしまえば、ものの10分程で店を出される羽目になる。

依田は我に還り、しまったと思った。

今日は高田に会わねばならないのである、もっと自重すべきであった。

しかし、彼の目の前の皿からは、ソーセージのスライスが無くなる事は無かった。

それもその筈である、皿にはいつもの倍以上の量が盛られていたのであった。

「4年分だ、ちゃんと片付けて行け。」

マスターは洗い物をしながら、顔も上げずにそう言った。

依田は苦笑いをしながら、付け合わせのセロリを囓ってみた。

その独特の苦味が彼の味覚を蘇らせる。

依田はグラスに再び琥珀の液体を注ぎ、口元に傾けた。

その時不意に彼の背後から太い腕が伸びてきた。

                  BACK   NEXT

        *トップページへ