知ってどーする?   ヤマビアの泉          トップページへ

《ヤーマン2号教授のなんでもウンチク学》 (^^)

               《「へえ」投票受け付け中!》

このネタは面白い!と思われた方は、サービスエリア掲示板、もしくは「こREやったらどーなんねん!?会議室」掲示板に、「何ネタの何番に1へえ」と書き込んでいただけると嬉しいです。(^^)(1カキコ1へえです)こちらに「へえ」数として掲載させていただきます。

また、「これは誰も知らないだろう!」と思われるネタをお持ちの方は、どうかご教授をよろしく。こちらに掲載させていただきます。


     §MAZDA関連ネタ§


「ミレーニア」に搭載されたミラーサイクルエンジンはスバルからも市販される予定だった?

【おれんじでみお&ももくんからの泉じゃ】

ヤマビアの泉のネタ提供したいと思いまーす。

ネタはミラーサイクルエンジンの事です。

ちなみにネタ元はスバル・・・・・・・・・・・と言うのも、カタログを整理してたら「第31回東京モーターショー」のスバルのパンフが出てきて、よくよく読むと「ミラーサイクルエンジン」の事が載ってました。

実際に搭載され市販されたかは、ちょっと分かりません。

マツダ以外の国内メーカーで、ミラーサイクルエンジンを開発してたなんて知りませんでした(知らないの私だけ??)。

書いてある文章をそのまま書いておきますので、いい様に編集してくださいね。

 

(ミラーサイクルエンジン/CVTip)

参考出品車VIVIO RX-Tに搭載

◎ミラーサイクルエンジン

ECVT専用チューニングを施した658cc4気筒SOHCスーパーチャージャーエンジンの優れた素質を生かし、最小限の変更でミラーサイクル化。

熱効率の向上とともにポンピングロスを低減し、高出力と低燃費を両立します。

 

VIVIO RX-Tの紹介文。

走りはリッターカークラス、燃費は軽自動車NAクラスのスーパーチャージド・ミラーサイクルエンジン搭載。

Super VIVIO!

ECVT=CVTipはポルシェ社と共同開発。

 

ではでは。

おれんじでみお&ももくん、情報ありがとう。

結局このVIVIOは市販されなかったようじゃ。

因みにミレーニアが絶版となりマツダでは消滅したミラーサイクルエンジンじゃが、トヨタがちゃっかり使っておる。ハイブリッドカーのプリウスやエステマのアトキンソンサイクルエンジンがそうじゃ。さすが大トヨタ。開発は他社にまかせて、おいしいところはキッチリと持って行きおるのう。

へえ


レビューは二つ名を持っておった?

【しろマシーさんからの泉じゃ。】

90年9月にデビューしたオートザム・レビュー、ご存知だと思います。

何度かの小変更を繰り返しながら、初代デミオ登場後も99年頃まで販売されてまし

た。

今回のネタは、最後に行われた97年の小変更についてです。

レビューといえばオートザムブランドと思いがちですが、このときの変更で、

オートザム・レビューからマツダ・レビューに変わったのをご存知でしょうか?

フロントのオートザム車共通のエンブレムが現在のMマークに変わり、

リアにもMマークが装着されました。

トランクリッド右下のRevue  AUTOZAMのステッカーがmazdaに変わり、

代わって左側にRevueステッカーが貼られました。

ハンドルとホイールキャップのセンターにもMマークの刻印が付きました。

でも、取り扱いはオートザム店のみでした。

運転席エアバッグが全車標準になったのは良いんですが、なぜか時代に逆行して、

以前はオプションで設定されていたABSが無くなってしまいました。

公式発表も無かったので、この変更は意外と知られていません。

というより、すでに当時は月販2ケタ台前半だったので実車もほとんど存在してない

ですけど・・・。

はっきり言って私も、実車は2〜3回しか見た事が有りません。

当時、ディーラーでカタログを手に入れて初めて知りました。

 

このネタ、どうでしょうか?車好きの人に話すと全員が全員、知らんかった〜 と

言ってくれます。

良かったらぜひ、お使い下さい。

また何か、思いついたらご提供しますので・・・。

 

それでは。

おお、これはわしも知らんかった迂闊じゃったのう。しろマシーさん感謝じゃ。

レビューは小泉 今日子がCMしていたのじゃが、何故かヨーロッパでは売れたが日本ではイマイチ売れなんだのう。当時CMクィーンとして数多の商品をヒットさせたキョンキョンを持ってしても売れなかったと、変な話題のされかたをしておった。

因みに、作家デビューしたばかりの阿倍譲治が愛車としていて、あっちこっちの雑誌で誉めておった。あの巨漢じゃからアメ車にでも乗っておるのかと思っていたが、以外じゃった。中は結構広くて乗り心地が良かったからだそうじゃ。

    へえ


    §特撮ネタ§


「この物語はフィクションであり、実在する人物・団体等とは関係ありません」というテロップは、「超人バロム1」から始まった。

【ド○ゲが実在した為なのじゃ〜】

 宇宙に蔓延る悪のエネルギー・ドルゲと正義のエネルギー・コプーのエージェントとして、友情パワーで合体変身するバロム1の、戦いを描いた作品であったが、思わぬ所からクレームが来て大慌てしたのが、そもそもの始まりであったのじゃ。そのクレームとは、在日ドイツ人の中に、このドルゲと同じ名前の小学生の子供がいて、毎日学校でいじめられていると言う内容であったのじゃ。

ドルゲ…そりゃ日本人にはいそうに無い名前である。が、さすがにドイツまでは思い付かなかったじゃな。番組の制作局も原作者も此には頭を抱えた。

折しも、仮面ライダー以降、特撮変身ヒーローは大人気。バロム1もそこそこの視聴率を稼いでいた物だから、打ち切る訳には行かない。敵の名前を変更するにも大規模なマーチャンダイジングを展開しているためおいそれとは行かない。

そこで、思い付いた苦肉の策が、番組の最後にこのテロップを流す方法であったのじゃ。

結果、騒動も収まったのか業界でもこのテロップは評判になり、特撮ドラマは言うに及ばず、今ではあらゆる作品に使用されることに為ったのである。このテロップの権利を登録しておけば、発案者は今では一財産出来たであろう。

因みに『バロム1』の原作者はあの『ゴルゴ13』の「さいとうたかお」氏であり、バロム1も原作では仮面では無く只のオッサンの顔であった。

    へえ


    §その他ネタ§


永六輔は、「上を向いて歩こう」がアメリカで「スキヤキ」というタイトルで発売された事に失望し、作詞するのをやめてしまった。

【天ぷら・フジヤマ・ゲイシャ…】

当時、アメリカ人の日本に対するイメージは大抵が、そんなものであった時代。そこに日本を代表する歌手として、坂本 九の「上を向いて歩こう」が発売されることに成ったのじゃが、そのタイトルをアメリカ人向けに変えようと考えられたのが「スキヤキ」であったのじゃ。

おそらく当時の担当者がアメリカ人の、最も良く知っているであろう日本語と言うことで、付けたのであろう。が、このタイトルを聞いて、作詞者の永六輔は激怒したという。そりゃそうじゃろう、何せ、歌の詞の内容には全く関係ないのじゃから。日本人がこのタイトルを聞けば、スキヤキ屋のCMソングだと思うに違いない。しかし、世の中何が幸いするかは解らないものじゃ。この「スキヤキ」は全米で大ヒットし、ビルボード誌で1位に輝き、「スキヤキソング」の愛称で未だに歌い継がれているのじゃからな。これは、その後日本人としては誰も無し遂げていない快挙であるのじゃ。

    へえ


「年寄りの冷や水」という言葉は、江戸時代、水売りの売る砂糖水を年寄りが好んで飲み、お腹を壊した事から始まった。

【江戸は既に上水道完備の近代都市であった。】

よく、時代劇や落語で長屋の女将さん達が共同の井戸の周りで、炊事洗濯の家事をしながらお喋りをしている風景が描かれているが、あの井戸は厳密に言うと掘り井戸ではない。簡単に言うと、川から引いてきた水道の汲み口である。本来埋め立て地であった江戸の土地は相当深く掘らねば地下水に行き当たらない。本当の井戸を持てるのは大名や諸藩の武家屋敷くらいな物であったのじゃ。

そもそも、本来地下水である井戸水は冬は暖かく、夏は冷たい物である。現在の様に冷蔵庫など有るはずも無かった当時の人々に取って、夏場の冷たい井戸水ほど有り難い物は無かった筈である。そこで台所事情が苦しくなった、大名や武家屋敷ではこの井戸水を汲む権利を売っていたのだそうじゃ。その権利を買い。水を売っていたのが「水売り屋」であった。彼らはこの冷たい水に更に砂糖などで味を付け、結構な商いに成っていたという。

夏場の冷たい井戸水。特に老人達には受けが良かったらしいが、やはり飲みすぎは体に良くない。お腹を下すお年寄りが多数出たのも仕方ないと言えば仕方ない。わしも気を付けねばのう。

    へえ


                     トップページへ